Apple Watch よく考えられた通知の仕組みと、たまった通知を一瞬で消す方法|Apple Watch Tips

Apple Watchにたまった通知を一瞬で消す方法

Apple Watchの「通知」は、使用中のデバイスに応じて送られます。実際に使ってて思うのが、よーく考えて作られてるんだなぁということ。

スポンサーリンク

よく練られている「通知」の仕組み

どういうことかというと、iPhoneを使っているときはiPhoneに、Apple Watchを手首に装着しているときはApple Watchに通知が届きます。当たり前のようですが、実際に使っていると非常に使い勝手がいいんですよね。

これは「通知」がすぐに確認できるように、使用中のデバイスを優先して送信されるような仕組みになっているから。

iPhoneがロック解除されている場合はApple WatchではなくiPhoneに、iPhoneがロックされているかスリープ状態でApple Watchがロック解除され手首に装着されている場合は、Apple Watchで通知を受信します。iPhoneがロック、Apple Watchも手首に装着されていなくてロックされている場合は、iPhoneが優先されます。

個人的に作り込み具合に感動したので書いておきます。

Apple Watch にたまった通知を一瞬で消す方法

実際にApple Watchを使っていると、頻繁に通知が来ます。これは個人の設定次第ですが、私の場合Gmailを通知するように設定しているので、放っておくとたくさんの通知がたまった状態になります。そのたまった通知を一瞬で消す方法です。


通知を表示

画面の上から下にスワイプして通知を表示させます。「通知」画面を強く押し込みます。Force Touchですね。


全てを消去

すると「すべてを消去」が表示されるので、タップするとすべての通知が消去されます。

これだけです。本当に一瞬で終わります。Apple Watchで通知を消去すると、iPhoneでもその通知は非表示になります。


その他のApple Watch Tipsはこちらをどうぞ。

Apple Watch Tips 一覧

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。