iPhoneで削除してしまった写真を復元する方法と、写真を今すぐ完全に削除する方法|iPhone Tips

iPhoneで削除してしまった写真は、30日以内なら復元が可能です!

あら?あの写真って削除したっけ?

うっかりiPhoneやiPadで写真を削除してしまってたら、まずいつ消したのか、記憶をたどってみてください。

スポンサーリンク

もしも、30日以内に削除したものであれば、復元することが可能です。iPhoneやiPad上では、完全に削除されるまでに猶予期間が設けられています。

iPhoneの削除した写真をまとめて復元する方法

今回はiPhoneの画面で、写真を復元する方法をご紹介。

アルバムの「最近削除した項目」を開く

「写真」アプリを開き、「アルバム」の中にある「最近削除した項目」を開きます。

「最近削除した項目」内には、30日以内に削除した写真が格納されています。それぞれの写真を見てみると、写真の下に「30日」とか「24日」と日数が表示されてます。これが完全削除までのカウントダウンです。これがゼロになるとiPhoneから完全に削除されます。

右上の「選択」をタップして、復元したい写真を選びます。(一枚ずつ復元したい場合は、写真をタップし、右下にある「復元」をタップすれば復元できます。)


復元したい写真をタップして選択→復元する

復元したい写真をタップして選択。

選択が終わったら、右下の「復元」をタップ。「○枚の写真を復元」をタップすれば削除した写真の復元が完了です。

iPhoneにある写真を今すぐ消したい場合

復元とは逆のパターンですね。

30日の猶予なんていらないから、すぐ写真を消したい!という場合。


復元する場合と同じ手順で「最近削除した項目」を開き、

削除したい写真を選択して左下の「削除」をタップ

すれば、今すぐ写真を消すことができます。

スマートフォンには個人的な写真が満載なので、こういう「復元の方法」や「すぐ消す方法」を知っておいて損はないでしょう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。