『ドラえもん』生誕45周年記念!電子コミック配信スタート!auユーザーなら1日1話無料で読める。

ドラえもん 電子コミック配信スタート

小学館から、藤子・F・不二雄原作の人気マンガ『ドラえもん』の電子コミック(電子書籍)版の配信が始まってます。

スポンサーリンク

今回、小学館から配信されるのは、

  • 「てんとう虫コミックス版」(1~45巻)
  • 「デジタルカラー版」(vol.1~141)

の2種類。

「てんとう虫コミックス版」は皆さんお馴染みの紙の書籍(コミック)を電子化したもの。これまでAmazonなどでも配信されてたのもです。価格は432円(税込)。

「デジタルカラー版」は、全編デジタル彩色が施され、色あざやかにドラえもんたちがよみがえったもの。ちょっと試し読みを見てみましたが、モノクロとは随分印象が変わりますね。まるで新しい物語を読んでいるようです。こちらはライトボリュームで価格は216円(税込)。

この2種類のドラえもん電子書籍版は、コミック小学館ブックス、Amazon Kindle、楽天koboストア、Kinoppyなどの各電子書籍ストアで配信されます。

auユーザーなら無料で毎日1話読める!

auユーザーなら毎日1話無料で読める!

今回の生誕45周年を記念して、KDDIがauユーザー向けにお得なキャンペーン「夏休みだよ!毎日ドラえもん」を開催してます。

auの電子書籍サービス「ブックパス」にて、ドラえもんの作品を毎日1話ずつ無料で配信するというもの。ちょうどauユーザーだったので、早速ブックパスで読んでみました。

第1回の無料配信は「テストにアンキパン」

▲PC版の「ブックパス」画面。作り込みは甘い。使いにくかった。

厳選エピソード、第1回目の無料配信は「テストにアンキパン」(モノクロのテントウ虫コミック版)でした。懐かしいなぁ、アンキパン。小学生の頃、どれだけこれが欲しかったことかw。

「夏休みだよ!毎日ドラえもん」は8月28日(金)まで。


毎日1話無料配信といえば、『ワンピース』と『ナルト』ですが、このブログで紹介してから毎日見てますよ。このやり方も随分と一般化してきてるみたいですね。8月末までの期間限定で厳選エピソード配信じゃなくて、ワンピースやナルトみたいに全話を毎日無料で1話ずつ配信にすればいいのにね…。そうすれば、アプリに呼び込んでいろんな販促ができるのに。単体アプリの制作が間に合わなかったとか?

ドラえもん 藤子・F・不二雄 電子コミック配信
au ブックパス

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。