Watch OS 2 で秋からApple Watchがどうなるのかよく分かる動画2本!ネイティブアプリ起動速っ!

  • 更新:
  • 公開:2015.6.15
  • by
  • カテゴリ:Apple Watch

Watch OS 2 で秋からApple Watchはどうなる?

先週開催されたWWDC2015と同時に開発者向けにリリースされた、Watch OS 2のベータ版。

早速いろんな方が、Watch OS 2をインストールしたApple Watchの映像を公開されてます。

スポンサーリンク

その中で、Watch OS 2の内容がよーくわかる動画2本をご紹介。


▼ Apple watch OS 2: What's New?


▼ watchOS 2 beta 1 Hands-on: Apple Watch as it should be


各映像共に、Watch OS 2の特長を一通り説明されてます。同じようにテキストでもご紹介しておきますね。

Watch OS 2 2015年秋からApple Watch はこう変わる

Watch OS 2 タイムラプスの壁紙

Watch OS 2では以下のように多くの機能が向上することになります。より使いやすく、動きも早くなるのは間違いありません。

  • 文字盤にニューフェイス「タイムラプス」「写真」「フォトアルバム」が追加される。
  • 文字盤に表示される機能がさらに充実(ユナイテッド航空のフライト時刻や、フォルクスワーゲン e-Golfの充電状況などなど)
  • デジタルクラウンを回して昨日、今日、明日の出来事(天気・スケジュール・ニュースなど)を確認できるようになる。(タイムトラベル機能)
  • Apple Watchを横向きに置いて、充電ケーブルを繋げばナイトスタンドモードに。Apple Watchが目覚まし時計に早変わり!
  • 多くのアプリケーションがネイティブアプリケーションに!iPhoneから情報を読み込む必要がなくなり、Apple Watch単体で動作するため、読み込みが早く機能も向上!
  • Taptic Engine、Digital Crown、加速度センサー、心拍センサー、スピーカー、マイクといった機能をアプリで活用可能に!アプリの幅が格段に向上します。
  • Eメールの受信だけでなく返信も可能に。返信内容は、音声入力や絵文字、定型文から選ぶこともできる。
  • 複数の「友達」画面を追加することができ、友達をグループ分けしてグループ名をつけることも可能に。
  • よりカラフルなスケッチを送る。
  • マップに交通機関の情報が追加。乗り換えに対応。
  • Siriでできることが増える。
  • アクティベーションロックが加わる!この機能をオンにすると、Apple WatchをアクティベートするのにiCloud Apple IDとパスワードが必要になります。Apple Watchを紛失したり盗まれても安心。

大きく変わりそうなものをピックアップしてみました。

赤文字のネイティブアプリへの対応が個人的には一番嬉しいかも。現状、天気アプリなどを開く際に、iPhoneとの通信環境の影響で、表示スピードが遅くてイライラすることが多々あります。動きが遅いアプリは使う気が起きません。

上記動画ではアクティビティや天気などのアプリを起動する場面がありますが、恐ろしいぐらいに起動が速いです。うらやましい。


あと、特に一番最後のアクティベーションロックへの対応は、現在のWatch OS 1で無いのがおかしい機能なので、早急に対応してほしいですね。

Watch OS 2は2015年秋に登場予定。使い勝手が向上するのは大歓迎!楽しみだ〜♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。