タイマーが超簡単!ラーメン好きなら知っておくべきSiriのこと|Apple Watch Tips

Apple watch timer 15061201

半年ぶりに販売が再開した「ペヤングソースやきそば」。ところが、予想をはるかに上回る注文があったようで、関東以外では販売再開が2週間も伸びるそうです。

とうわけで、本日はどん兵衛カレーうどんをいただきます。Siriと一緒にね。

スポンサーリンク

Apple Watchを買ってから、使い方がものすごく簡単になったタイマーアプリを頻繁に使うようになりました。

Apple Watch のタイマー起動はSiriに話しかけるだけ

今回はどん兵衛などのインスタントラーメンを例にタイマー設定してみます。

Siri ご用件はなんでしょう?

まずはApple Watchのデジタルクラウンを長押しして、Siriを起動します。

(設定で「Hey Siri」をオンにしている場合は、Apple Watchのスリープを解除してから"Hey Siri"と言うと、Siriが起動します。)

Siri起動後「タイマー3分」と話しかけます。


タイマーアプリが起動

すると、タイマーアプリに切り替わり、3分のカウントダウンが自動で開始されます。

3分経過すると「タイマー終了」が表示されます。

はい、これで終了です。

ラーメンに記載されている時間通りに準備して、ラーメンをベストな状態で食べたい方は、これを覚えておくと便利だと思いますよ。ぜひSiriをご利用ください。


同じことはiPhoneのSiriでもできますが、Apple Watchだとわざわざポケットやカバンから取り出す必要もなく、デジタルクラウン長押しして「タイマー○分」と話すだけです。

今回は、インスタントラーメンを参考にしましたが、ポモドーロ・テクニックで25分にセットする時にもよく使ってます。25分間集中して仕事→休憩5分の繰り返しはなかなかいいですよ。


ちなみに、同じようにiPhoneのSiriに「タイマー3分」と話してみると...

ラーメンの麺がのびないようにしてくださいね!

はい。3分のタイマーを開始しました。ラーメンの麺がのびないようにしてくださいね!

ですって!

しかも、とてもなめらかな日本語でした。Siriすごいわ。


その他のApple Watch Tipsはこちらをどうぞ。

Apple Watch Tips 一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。