無料のGoogle Play Musicサービス開始 音楽ストリーミング市場、どこがシェアを勝ち取るか

Google Play Music

Googleがアメリカにて「Google Play Music」の広告付き無料版をスタートさせて話題になってます。

対抗馬である、今月末サービスが開始するApple Musicを意識しているのは明らかですね。

スポンサーリンク

有料版の「Google Play Music」は3000万曲規模の音楽ストリーミングサービスで、通常は月額9.99ドル。それが、今回の無料版では広告を強制表示させることで無料で提供される、新しいサービスとなってます。

Official Android Blog: Google Play Music free, ad-supported radio

Google Play Music now has a free, ad-supported version in the U.S., giving you a new way to find just the right music and giving artists another way to earn revenue.


今回の広告用CMがこちら。

▼ Google Play Music: Free Music For Everything You Do

音楽ストリーミング市場、どこがシェアを勝ち取るか

Apple Musicの発表から音楽ストリーミング市場がかなり賑やかになってきていますが、今回の「Google Play Music」だけでなく、日本でも「エイベックスグループのAWA」、「LINE Music」がすでにサービスを開始しています。

それぞれ、最初の1ヶ月〜3ヶ月は無料、その後は月額1,000円というサービス内容になってます。

どのサービスがシェアNo.1を勝ち取るか、これからのサービス構成に注目です。

正直、個人的には…

個人的には、今のところどのサービスも利用したことがないので、Apple Musicが日本で開始される前に、全部試してみようかなと思ってますが…。

正直、


そんなに音楽聴かない


んですよね。

盛り上がっているのはサービス提供側だけ?


ちなみに、Apple Musicに関しては、日本のサービススタートは6月24日時点ではまだ発表されてません。

Apple.com/jpでは、Apple Musicのサイトが公開されてから、ずーっと「まもなく登場」になってます。

日本でのサービス開始は7月以降になるかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。