2016年のApple Watch 2 FacTimeカメラ搭載、新モデル追加、バッテリー容量は現状で問題なしと結論

  • 更新:
  • 公開:2015.6.23
  • by
  • カテゴリ:Apple Watch

2016年のApple Watch 2 FacTimeカメラ搭載、新モデル追加もバッテリー容量変化なしか

発売からまだ2ヶ月ほどしか経ってませんが、早くもApple Watch 2の噂が出てきてます。

新たに前面にカメラが搭載され、iPhoneなしで使える機能の拡充、Sport・無印・Editionの他に新たなモデルを追加されるものの、バッテリーに関しては容量はほぼ変化なし、と予想されてます。

スポンサーリンク

Apple Watch 2: Apple plans FaceTime camera, iPhone-free Wi-Fi, $1000+ models, similar battery | 9to5Mac

the Apple Watch 2 is planned to gain a video camera, a new wireless system for greater iPhone independence, and new premium-priced models. Interestingly, it will also feature similar battery life to its predecessor…

以下、次期Apple Watch 2に関する噂です。

前面にFaceTimeカメラ搭載

Apple Watch 2の上部ベゼル部分にカメラが搭載され、FaceTimeビデオやFaceTimeオーディオを手首で受けてそのまま通話することができるようになります。

慣れるまでは、これはかなり恥ずかしいかもしれません。周りに人がいない時はいいかもしれませんが、人がいたら変な奴と思われてしまうかもしれませんね。

iPhoneからの独立

現在、Apple Watchで使用する多くのアプリがiPhoneなしでは動いてくれません。iPhoneにインストールしているアプリで、Apple Watchに対応したもののみ選択してインストールすることが可能です。しかも使えるのはiPhone版の機能のほんの一部のみというアプリも少なくありません。また、iPhoneとのBluetooth接続状況が悪い場合、Apple Watchでアプリを開く時間が遅くなったりという現象もよく起きています。

次期Apple Watch 2では、新たに設計されたダイナミックな無線チップセッットが採用され、iPhoneから独立してWi-Fiのみで動作する機能が多く採用されます。この機能の一部は2015年秋にリリースされるWatch OS 2でも体験することが可能です。

OSやアプリのアップデートなど、データ転送容量が多いものに関してはiPhoneを必要としますが、基本的な通信タスクはiPhoneなしで処理が可能に。新しいWi-FiチップではFind my Watch(Watchを探す)機能に対応し、GPSの代わりにWi-Fiの三角測量技術を使用して位置情報を取得するようになります。

バッテリー容量は現状維持

アップルは消費者の間で発売前に懸念されていたバッテリー寿命について、発売後も市場調査を実施しており、現在の顧客の大半は毎晩充電することに不満を持っていないと結論付けたようです。

実際、私もApple Watchを毎日使ってますが、バッテリーを毎日充電することに対して、不満はほとんどありません。逆に、1日の使用で約50〜60%ぐらいしかバッテリーが減らないのが、正直意外でした。完全放置した場合は1日で34%ほど消費します。(→ 丸1日放置したApple Watchのバッテリーは100%→66%まで消費。使わない時は省電力モードがおすすめ)また、iPhoneを毎日充電してきた習慣があるので、毎日充電することへの抵抗がほとんどないのも要因でしょうね。

アップルはこれらの現状を踏まえ、より高度なハードウェア機能を追加しながら、既存のバッテリー寿命を向上させることで、顧客を満足させることができると考えているようです。大幅なバッテリー容量の向上はありません。

ちょっと高い、新モデルの追加

現在のSport、ステンレススチール(無印)、Editionの3つのモデル構成を広げることを考えているようです。新たに追加されるモデルは無印とEditionの間の「ちょい高モデル」。価格は10万〜100万円の間、素材やカラーバリエーションは未定。白金・チタン・タングステン・パラジウムなどの素材のApple Watch 2が出てくるかもしれません。

個人的には、ごついモデルの時計が欲しいので、現行の38mm・42mmに加えて、46mmぐらいの大きいモデルを追加して欲しいなぁ、なんて思ってますがどうですかね?

発売はいつ?

完全な次世代Apple Watch 2の発売は、2016年になる可能性が最も高いです。

それまでは、2015年秋にリリースされるWatch OS 2(新しい文字盤、タイムトラベル、ナイトスタンド、多くのネイティブアプリ、メールに返信もできるようになる)で楽しむことにしましょう。


Watch OS 2 についてはこちらで詳しく説明してます。

Watch OS 2 で秋からApple Watchがどうなるのかよく分かる動画2本!ネイティブアプリ起動速っ!

100%満充電したApple Watchを、丸1日使用せずに放置したらバッテリーってどれぐらい消費するのかなぁと素朴な疑問を感じたので、バッテリー消費テストをやってみました。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。