ウェアラブル端末市場 Apple Watch発売で約2.1倍増!購入者の半数が週4日以上運動していることが判明

ウェアラブル端末の販売数量推移 グラフ

ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社が、「ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査」という面白い調査結果を発表してます。

これによると、2015年4月のウェアラブル端末販売台数は、Apple Watchが発売されたことにより、前年同月比で約2.1倍を記録したようです。

スポンサーリンク

ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査- GfK Japan

2015年4月はかねてより注目度が高かったApple Watchが発売されたことにより、ウェアラブル端末の数量前年同月比は約2.1倍を記録した。ウェアラブル端末に占めるスマートウォッチの数量構成比は3月では14%であったが、4月には33%に達した。

上記グラフを見てお分かりの通り、2015年4月のスマートウォッチの販売割合が飛び抜けてます。3月が14%だったのに対して、4月は33%に達してます。このうちApple Watchの割合は不明。ただ、発売開始が4月24日だったので、実質1週間しか販売期間が含まれていません。この大部分をApple Watchが占めているとしたら、5月の伸びはもっとすごいことになっていると予想ができますね。

購入者の半数以上が週4日以上運動している

次に興味深かったのが、ウェアラブル端末購入者のうち週に4日以上運動する人が半数以上を占めているということ。

運動頻度のグラフ

購入者は運動頻度が高い消費者が多く、購入者の3割以上が「ほとんど毎日運動している」と回答した。全調査対象者では約5割を占めた「特に運動はしていない」の割合は、購入者では約1割にとどまった。

ウェアラブル端末購入者のうち、

ほとんど毎日運動している・・・32%
週に4〜5日ぐらい運動している・・・21%
週に2〜3日ぐらい運動している・・・21%
週に1回ぐらい運動している・・・11%

なんと週に1回以上運動する人の割合が85%というすごい結果に。ウェアラブル端末は、アクティビティが好きな人、運動意識・健康意識の高い人しか購入してないってことになりますね。

今後、Apple Watchに関しては、iOS9からiPhoneと連携する必要のないApple Watchだけで動くネイティブアプリがサポートされていくという噂が出てきてます。ネイティブアプリがどんどん出てくることで、購入者層はさらに広がると予想できますね。

ということは、何が売れるんでしょうか???

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。