長時間座ることの悪影響…だからApple Watchのスタンドがあんなにしつこいのか!

  • 更新:
  • 公開:2015.5.24
  • by
  • カテゴリ:Apple Watch

Is sitting damaging our health?

Apple Watchのスタンドアクティビティで1時間に1回は立って軽く動くように、しつこいほど通知されることの真の意味がようやく分かりました。

Gizmodeさんに掲載されていたこの動画に衝撃を受けております…ヤバイ。

スポンサーリンク

長時間、座り続けることによる悪影響をコンパクトにまとめた動画です。この動画によると、1日11時間以上座る人は、1日4時間座る人よりも早死にするリスクが40%!も大きいとか。

1分間の動画です。

人間は座るとすぐに、脂肪を分解する酵素が90%減少、インスリン値は下がり善玉コレステロールも減少。一方で血圧はあがります。脚の筋肉で支えていた体重は首と背骨にかかり、座ることで脳の血栓ができやすくなるとも。さらに、肥満や糖尿病、心循環系の病のリスクも高まり、心臓病のリスクも2倍に。さらに、乳がんも長時間座っていることが悪影響を与えてるといいます。


長時間座っていることがどれだけ体に悪いのか? : ギズモード・ジャパン

これを見て、ちょっと調べてみましたが、長時間座ることの悪影響については、ずいぶん前から研究されているようです。

1日11時間以上座る人では死亡リスクが40%以上増大 海外ニュース【健康美容EXPO】

座る(座位)時間が1日11時間以上の場合、それ以外で身体的にどれほど活動的であろうと、3年以内に死亡するリスクが40%以上高まるという。


座っている時間が長いと寿命が短い! - 五感プロデュース研究所!

1日6時間を座って過ごす人は、座る時間が3時間未満の人に比べて死亡リスクが女性で37%、男性で17%高かった。1日当たりわずかでも運動をすれば、座っていることによる死亡リスクが軽減される傾向がみられたが、運動を考慮に入れても死亡リスクへの影響は依然として有意なものであった。

運動しないとこれがさらに悪くなって…

一方、長時間座って過ごし、かつ運動や体を動かすことをしない人はさらに死亡リスクが高く、女性では94%、男性では48%であった。

運動を定期的に行うことの大切さは分かってましたが(分かってたけど運動やってなかった…)、長時間座ることのリスクがこれだけあるとは…。

仕事上、デスクワークが多いので長時間座りっぱなしになりがち。立って仕事をするのはちょっと無理なので、これからは、ランニングだけでなくApple Watch の指示に従って、ちゃんと1時間に1回は1分間ほど立ち上がろうと思います。

ちょっと動いて血流を良くしないとね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。