iPhone 6 Plusをどこにでも固定できる JOBYグリップタイト ゴリラポッド マグネティック 購入♪

JOBY グリップタイト ゴリラポッド マグネティック パッケージ

買いました♪ 先月紹介した『JOBY グリップタイト ゴリラポッド マグネティック』です。

今回買ったのはマウントが付属していない三脚部分のみのもの。コンデジだとこれだけで使えますが、iPhoneを設置しようとしたらマウントがないとどうしようもありません。

スポンサーリンク

アップルストアで販売されている「JOBY GripTight GorillaPod Magnetic XL」だと、三脚とiPhone 6 Plusまで使えるマウントが付属してますが、値段が高いので別の安いものを代替として合わせて購入してます(下記参照)。

使用用途と購入したもの

使用用途

手持ちのiPhone 6 Plusで写真や動画を撮影する際に使用するために購入。通常のミニ三脚のように、ただ立てて使うだけでなく、ゴリラポッドだといろんなところにグリグリ巻きつけて固定できる幅が格段に広がるのが購入時の決め手。先端が磁石になってるので、さらに使えるシチュエーションが増てます。


購入したもの

三脚本体:JOBY ミニ三脚 ゴリラポッド マグネティック ブラック/レッド 001513
購入時の価格は1,700円でした。ちなみに、アップルストアで販売されているiPhone 6 Plusまで使えるマウントが付属している「JOBY GripTight GorillaPod Magnetic XL」は4,400円。

マウント:シンプルなスマートフォン用三脚マウント スマートフォン 三脚 三脚固定ホルダー 三脚ネジ穴搭載 大サイズ 5.5cm~8.5cm
購入時の価格は50円でしたが、配送先が九州なので送料含めて500円ほどでした(茶封筒で届いたこんな小さなものに送料が400円ちょっとかかるかどうかは謎…)。

合計で2,200円ぐらいですね。

ゴリラポッドと激安マウントを写真で紹介

内包物はこれだけ

内包物はこれだけ。ゴリラポッドの三脚本体とちっちゃいですがちゃんとクイックシューもついてます。(クイックシューは最初は雲台についてましたが分かりやすく外して写真撮りました。)


雲台部分

雲台部分。もちろん雲台は取り外しが可能。JOBYのロゴが書いてある丸いパーツの下部分を押すと、クイックシューの取り外しができます。鍵マークのスライドを移動すればロックもかけられます。


マウント部分は別途購入

こちらが50円のスマートフォン用三脚マウント。これと明細書が長3封筒に入って送られてきました。


スマートフォン用三脚マウント

作りはいたってシンプル。上の金具を引っ張ってスマートフォンを挟み込みます。下には傷がつかないようにスポンジがひっついてます。


スマートフォン用三脚マウント

上には傷防止のゴムが付けてあります。丸い部分は引っぱるためのパーツだと思いますが、スライドのバネが結構強いのでゴムを引っぱるとちぎれそうな感じ。スマホを挟み込む際は金具を持ったほうが安心です。


iPhone 6 Plusを装着

iPhone 6 Plusを挟み込むとこんな感じ。幅8.5cmまでのスマホに対応してます。iPhone 6 Plus(幅7.78cm)に純正のレザーケースをつけてるので幅は7.9cmほどになってますが、きつい感じもなくがっちり挟み込めます。


クイックシューを取り付ける。

スマホ用三脚マウントのネジ部分にクイックシューを取り付けます。ネジは10円玉などの硬貨を使って締めます。


iPhone 6 Plusとゴリラポッド マグネティック ディスプレイ側

iPhone 6 plusを取り付けるとこんな感じ。結構しっかりしてますが、グルグルと巻きつけるともっと安定します。


iPhone 6 Plusとゴリラポッド マグネティック 裏面

後ろから見たらこうなります。ガチッとiPhone 6 Plusが挟み込まれてます。


冷蔵庫に磁石でくっつけてみた

冷蔵庫にくっつけてみました。ゴリラポッドの先端の赤い部分が磁石になってます。そこまで強力な磁石じゃないので、3本の足にかかる力のバランスを考えないとズルズルと落ちてきます。


iPhone 5sとゴリラポッド マグネティック

普段使わないときはこんな感じで机の上に置いてます。売らずにとっておいたiPhone 5sをブラウザチェック用として設置してます。なんかオブジェみたいになっていい感じ。

まとめ

はっきり言って買ってよかったです。

これまで手持ちでばかり使っていたiPhoneのカメラですが、これからいろんな場所に持って行ってグルグルしたりガチッとしたりしてどんどん撮影したくなるような気にさせてくれるアイテムです。

Apple Watchを使えば、ゴリラポッドで固定したiPhoneのファインダー画像を確認し、さらにはシャッターも押せるので、さらに撮影の幅が広がります。

ちょっと不安なのが、激安すぎる50円のスマホ用三脚マウント。スポンジやゴムの耐久性がちょっと気になります。すぐへたってきそうな作りなので、そのときはまた同じものを買うか、別のちょっといいやつを探してみようかなと。

最後に注意点

最後に注意点がひとつ。ゴリッラポッドに関しては、通常の三脚のようにきちっと3点でバランス良く安定させるためには、設置したスマホやデジカメの重さや向きなどを考えてゴリラポッドの足3本をバランス良くグネグネさせてください。

自由度が大きい分、ちゃんと力のバランスを考えないと大事なスマホやデジカメが倒れて傷がつくなんてことになります。

実際、僕も机の上でですが何回かバタンと倒してしまいました。使用時は気をつけて!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。