Google Chromeのページ内検索が素晴らしい

  • 更新:
  • 公開:2015.5.21
  • by
  • カテゴリ:アプリ

Google Chromeのページ内検索が素晴らしい

実装されたのはいつなのかな?

普段メインのブラウザとして使っているGoogle Chrome。いつも使ってるページ内検索の気遣いというか心配りというか、とにかくユーザインターフェイスが素晴らしいのでご紹介。

スポンサーリンク

Google ChromeなどのWEBブラウザを使っている時に必ず使うページ内検索。

ずらーっと縦に長くて情報量が多いページの場合、調べたいキーワードをパッとページ内検索すれば、そのキーワードがどこにあるのかを一瞬にして知ることができます。

大体のブラウザで実装されてるので、

Windowsの場合: Ctrl + F

Macの場合:⌘(command) + F

のショートカットで検索ウィンドウが出てくると思います。このショートカットの他に、メニューバーから検索を選んで実行することも可能です(各ブラウザでご確認を)。

Google Chromeのページ内検索はココが素晴らしい

Google Chromeについても検索方法は同じ。

検索窓に検索キーワードを入力すると、

Google Chrome 検索結果のUIが素晴らしい

検索キーワードがハイライトされ、検索キーワードの隣にキーワード数が表示。これに加えて、サイドのスクロールバーに黄色い目印が出現!(Mac版Google Chrome バージョン 42.0.2311.152 (64-bit)の画面)。

検索キーワードがページ内のどこにあるのか、どれぐらいあるのかを一瞬で確認することができます。これ、凄くないですか?


他のブラウザではどうかというと...

Safari 検索結果

これがMac版のSafariバージョン 8.0.6の場合。

検索キーワードの隣にキーワード数が表示され、画面全体がグレーになり、検索キーワードが目立つようになってます。これも全然分かりやすいですが、Safariではサイドのスクロールバーには目印はなし。


Google Chromeのサイドバーに目印を付けるっていう発想が素晴らしい。視覚的に、一瞬で情報を把握することができます。ちっちゃいことかもしれませんが、こういう使う人のことを考えた素晴らしいユーザインターフェースがどんどん増えていくと、もっと快適な世の中になっていくんでしょうね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。