Apple Watchのデジタルクラウンがスムーズに動かない・ボタンが反応しないときの対処方法

Apple Watch デジタルクラウンが動かないときの対処方法

アップルがサポートページに「Apple Watch のデジタルクラウンに問題がある場合」の正しい対処方法を掲載しています。

スポンサーリンク

デジタルクラウンがスムーズに回転しなかったり、ボタンを押してもApple Watchが反応しない場合は、デジタルクラウンを水洗いして清掃するといいみたいです。

デジタルクラウンが動かなくなった場合は、埃やごみが原因かもしれません。デジタルクラウンの周辺に埃やローションなどの物質が見られる場合は、以下の手順にそって清掃します (必要に応じて、この手順を繰り返してください)。
  1. Apple Watch の電源を切り、充電器から外します。
  2. レザーバンドをお使いの場合は、Apple Watch から取り外します。
  3. 蛇口から弱めの水流でぬるま湯を出し、その下にデジタルクラウンを 10 〜 15 秒さらします。石鹸や洗剤は使わないでください。
  4. デジタルクラウンと筐体の狭いすき間を水で流しながら、デジタルクラウンを回したり押したりする動作を続けます。
  5. Apple Watch を糸くずの出ない柔らかいクリーニングクロスで拭いて乾かします。


Apple Watch のデジタルクラウンに問題がある場合 - Apple サポート

解決方法が水洗いとは、ちょっと予想してませんでした。IPX7等級の耐水性能のApple Watchだからできる解決方法ですね。

上記方法を繰り返しても改善されない場合は、デジタルクラウンとサイドボタンを同時に10秒以上押して強制再起動することも記載されてます。「困ったときの再起動」ですね。


長年、機械式時計を使ってきましたが、リューズが反応しなくなったり動きが悪くなったことなんて一度も経験したことがありませんので、このサポート内容はちょっと意外でした。(Apple Watchのデジタルクラウン=機械式時計のリューズ と仮定して)

こういうサポートページが公開されたってことは、そんな事例が出てきたってことですかね。

うちのApple Watchは今のところ問題なしですが、何かあったときに忘れないように、メモとしてエントリーしておきます。


その他のApple Watch Tipsはこちらをどうぞ。

Apple Watch Tips 一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。