Apple WatchのIPX7等級の耐水性能はプールの底に5分沈めても耐え抜くレベルだった

  • 更新:
  • 公開:2015.4.28
  • by
  • カテゴリ:Apple Watch

Apple WatchのIPX7等級の耐水性能はプールの底に5分沈めても耐え抜くレベル

タイトルで言い切っちゃいましたが、Apple Watchの耐水性能(Appleは公式でApple Watchには防水性能はなく、あくまで耐水性能と言ってます)が結構すごいことがわかりました。

FoneFoxがApple Watchをつけたままシャワー、洗面器に沈める、プールに沈める、泳ぐ、といった耐水性能の実験動画を公開しています。

スポンサーリンク

約4分の映像です。

▼ Apple Watch Waterproof Test

すごいね、Apple Watch。

アップルの公式サイトには下記のような表記があります。

耐水性能


Apple Watchは防沫性能と耐水性能を備えていますが、防水性能はありません。例えば、エクササイズ中、雨の中、手を洗う時にApple Watchを着用および使用できますが、Apple Watchを水に浸すことは推奨しません。Apple WatchにはIEC規格60529にもとづくIPX7等級の耐水性能があります。レザーバンドは耐水性ではありません。

IPX7等級の耐水性能ってどんなものかというと、

一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)

電気機械器具の外郭による保護等級 - Wikipedia

一定水圧であれば内部に浸水することはないということは、ちょっと水で軽く流して洗うっていうぐらいならOKってことですかね。


あ、この動画を見て安心して、真似しちゃダメですよ。

アップルでは上記表記のようにApple Watchを水に浸すことは推奨してませんのでね。

試す際は、あくまで自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。