スポットライト検索でヒットした項目をFinder上に表示させる方法|Yosemite Tips

スポットライト検索でヒットした項目をFInderで表示する方法

Macを使う上で、手放すことができないほど毎日使っているスポットライト検索。Macの中にあるあらゆるファイルを超高速で探してくれる素晴らしい機能です。

今回はそんなスポットライト検索のちょっと便利な使い方をご紹介。

スポンサーリンク

上記画面は、スポットライト検索で「iphone」と入力した画面。ヒットした項目が左にズラーッと並び、項目を選択すると右側にプレビューが表示されます。

そのまま項目をダブルクリックすれば関連付けされたアプリケーションで開くことができますが、そのファイルがMacの中のどこにあるのか気になるときが多々あります。

そんな時は項目を選んだ状態で、

command + r キー

を押せば…

スポットライト検索結果 command + r キーでFinder上に表示できる

そのファイルを含むフォルダがスパッと開きます。

便利ですねぇ。スポットライト検索を使うときはこれをよーく使ってます。


もう一つ補足情報。

スポットライト検索結果画面で、ファイルの階層を知りたいときは項目を選択した状態で…

スポットライト検索でファイルの階層を知りたいときは

command キー

を押せば、プレビュー画面の下に階層が表示されます。

これも覚えておくと便利ですよ。


スポットライト検索については、こんなエントリーも書いてます。あわせてどうぞ。

Spotlight検索ウィンドウをずーっと表示させておく方法

すぐ消えるSpotlight検索ウィンドウをずーっと表示させておく方法|Yosemite Tips|SKEG*log


その他のYosemite Tipsはこちらをどうぞ。

OS X Yosemite Tips 一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。