あっ!入力間違えた!そんな時はMacのキーボードで「かな」キーを2回叩けば…

Macのキーボードで「かな」キーを2回叩くと…

先日、偶然発見したこれ。

超便利だったので情報共有の意味を込めてエントリーしておきます。

スポンサーリンク

先日、MacBook Airで文章を書いているときに、ふとキーボードの「かな」キーを2回叩いたことがありました。

すると、入力確定したはずの単語が、また変換できるような状態に!

キーボードの「かな」キーを2回叩くと再変換

こんな感じで、再変換できるようになります。


実はこれ、キーボードのショートカットでもできるんですが、

shift + option + R

という指がちょっと痛くなるような組み合わせのショートカットが割り当てられているんですよね。さすがにこれは押しにくい。


というわけで、入力した文字を再変換したい場合は、

「かな」キーを2回叩く

で決まりです。


変換したい文字を選択して「かな」キー2回叩き、でもできますし、変換したい文字の真ん中にカーソルを持っていって「かな」キー2回叩き、でもOKです。


ちなみに、入力ソースはOS X Yosemite標準の「日本語」です。

特別な設定は何もやっていないので、Yosemite標準の「日本語」を使っている場合は再変換ができると思います。これっていつからできるようになったんだろ?

文字を書くことが多い方は覚えておいて損はないですよ!


その他のYosemite Tipsはこちらをどうぞ。

OS X Yosemite Tips 一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。