次期iPhone 6sには画期的な感知機能「Forch Touch」が搭載されメモリは2倍の2GBに?

  • 更新:
  • 公開:2015.1.17
  • by
  • カテゴリ:iPhone

Forch Touch

早くも次期iPhone 6sの噂が出てきました。

今度のiPhone 6sには、まだ発売されてませんがApple Watchに搭載されているある機能が使われるとか。

スポンサーリンク

Apple's 'iPhone 6s' again rumored to feature 'Force Touch', 2GB RAM

Apple plans to bring the "Force Touch" technology from the Apple Watch to the next-generation iPhone and double the forthcoming handset's built-in RAM to 2 gigabytes.

時期iPhone 6sには、Apple Watchに使用されている「Force Touch」という機能が搭載され、メモリも2GBになるとか。

Force Touchとはどういう機能かというと...

Apple Watchは指先でのタッチを認識するだけでなく、タッチの圧力までも感知します。これによって、ユーザーインターフェイスの新しい次元が開かれました。Force Touchという機能が、柔軟なRetinaディスプレイの周りに配された小さな電極を使って、軽いタップと深く押す操作の違いを判別します。そして、メッセージの操作メニューや、異なる文字盤を選択するモードなど、操作の流れに合わせた特定のオプションの数々を、必要になった時にいつでも瞬時に立ち上げます。これはマルチタッチの登場以来、最も画期的な新しい感知機能です。


Apple - Apple Watch - テクノロジー

最も画期的な新しい感知機能

ん〜、いいですねぇこれ♪

iPhoneのディスプレイ全面に使われるのか、ホームボタンに使われるのかは不明ですが、このForce Touch機能で、大きくiPhoneの使い方が変わるのは間違いなさそうです。

また、iPhone 5からiPhone 6/6 Plusまで、4世代にわたり1GBだったメモリが、倍&最新の2GB LPDDR4 RAMになるとか。

メモリが増えることにより、作業量を倍こなすことができる(例えるならば、机の大きさが2倍になったということです)ようになります。

発表&発売は2015年の秋頃だと思いますが、今から楽しみですね♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。