Kindleアプリに搭載された本の中身を可視化するX-Rayがなかなか便利♪

Kindle X-Ray

iPhoneのKindleアプリを使っていつものように読書してましたら、あら?なんか変なボタンが付いてる…?

何だこれ?と思ってタップしてみてようやく分かりました。

スポンサーリンク

これ、Kindleアプリに2014年12月12日から搭載された「X-Ray」という機能。

どういう機能かというと、アマゾンジャパン株式会社のプレスリリースに詳細が書いてありましたのでご紹介。

Amazon.co.jp、新機能「X-Ray」を日本語Kindle書籍で提供開始|アマゾン ジャパン株式会社のプレスリリース

「X-Ray」は、電子書籍内の登場人物や地名、画像といった「書籍の骨格」をレントゲンのように映し出すKindle独自のサービスです。読書中に「X-Ray」ボタンを押すと、書籍に含まれる主要キーワードが「人物」「トピック」「画像」に分類され、一覧とともに、そのキーワードが書籍内のどのあたりに出てきたかを示すバー付きで表示されます。

「書籍の骨格」ってなんかカッコイイじゃないの。

早速、X-Rayボタンを押して確認してみました。


KindleアプリのX-Rayボタン

今読んでる「夢をかなえるゾウ」の画面です(数年前にベストセラーになってましたが、今回初めて読んでます。読み進めるうちに、期待値を大きく超えてきてます。今度レビューを各予定)。

いつもの画面に見慣れない「X」というボタンが追加されてます。

このボタンがX-Rayボタンです。


これをタップすると…

X-Ray 用語一覧

本に出てくる人物や用語をまとめて確認することができます。

各項目の右側の白いバーを見れば、本のどの部分に出てくるのか、どれぐらいの頻度で出てくるのかが一目瞭然です。

関連度が高い項目が表示され、詳細画面ではWikipediaから抜粋した情報が表示されます。

本の中に画像がある場合は画像のみを一覧で確認することも可能。


いやぁ、便利ですねX-Ray。

関連度の高い項目を一覧で確認できる&用語説明もある、ということで、通常の読書の時はもちろん、自分のレベルよりも高い本を読む時に更なる威力を発揮してくれそうです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。