スケスケなYosemiteの透明度を下げて視認性を上げる方法|Yosemite Tips

  • 更新:
  • 公開:2014.11.18
  • by
  • カテゴリ:macOS

Yosemite 透明度を下げる

嫌いじゃないんですけどね、Yosemiteの透け具合。

Yosemiteになってから、メニューバーやウィンドウ、Dockなど様々なパーツが背景に馴染むようなスケスケデザインに変わりました。

スポンサーリンク

見た目はいいかもしれませんが、どうも視認性が悪い。

というわけで、Yosemiteのこの透け具合を調整して視認性を上げる方法をご紹介。

アクセシビリティのディスプレイを変更

システム環境設定 → アクセシビリティ

を開いて、「ディスプレイ」の項目にある、

「透明度を下げる」

にチェックを入れます。(上記画像)


これをすることで、実際の透け具合がどう変化するのかというと…

Yosemite 通常の状態

▲ 何もいじっていないデフォルトの状態がこれ

特別見にくいというわけではないですが、見やすいというわけでもない。


「透明度を下げる」にチェックを入れると…

Yosemite 透明度を下げるにチェックを入れると

▲ 透明度が下がり、背景がほとんど透けなくなりました。


さらに、「コントラストを上げる」にチェックを入れると…

Yosemite コントラストを上げるにチェックを入れると

▲ 文字やラインがくっきりハッキリ!

ずいぶんと見た目が変わるとともに、視認性が格段に向上しますね。


その他、「カーソルのサイズ」も好みに応じて拡大させることもできます。

これ、イタズラにも使えるかも♪


その他のYosemite Tipsはこちらをどうぞ。

OS X Yosemite Tips 一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。