MMDLaboのスマホ購入に関する定点調査が面白い。44.7%の人が画面の大きさを重視。

2014年4月~9月スマートフォン購入に関する定点調査 重視する項目

MMDLabo株式会社が「2014年4月~9月スマートフォン購入に関する定点調査」の結果を発表しておりました。

これがなかなか面白い。

スポンサーリンク

調査対象は2014年4月~9月にスマートフォンを購入した15歳以上の男女796人。

上記画像のように、「スマートフォンを購入する際に重視する項目」において、2014年4月には「操作性の良さ」が32%で1位だったのに対し、2014年9月には約半数の44.7%もの人が「画面の大きさ」を重視するようになってます。

77.1%の人がiOS端末を購入

月別の購入したスマホのOS別シェアでは、iPhone 6/6 Plusが発売された9月がすごいことになってます。

2014年4月~9月スマートフォン購入に関する定点調査 購入したスマートフォンの月間OS別比率

2014年9月のiOSシェアが77.1%という驚きの数字をたたき出してますね。

iPhone 6/6 Plus が発売されると噂され始めた5月あたりから、4月には50%あったシェアが徐々に下がり、8月には31%まで落ち込んでいます。

9月のiPhone 6/6 Plusの発表で、買い替え組・見送り組・5S購入組・5c購入組などの購入を考えていた層が一気に爆発したって感じでしょうかね。


その他、購入スマートフォンのOS別比率や、所有しているiPhoneシリーズの内訳、キャリア別iPhone 6/6 Plusの販売シェアなどなど、今後の世の中の動きを想像させてくれるようなデータが揃ってます。

気になる方はこちらからどうぞ。

2014年4月~9月スマートフォン購入に関する定点調査

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。