iPod Classic がアップルの公式サイトから消えたのは部品調達ができなくなったから

  • 更新:
  • 公開:2014.11. 1
  • by
  • カテゴリ:iPod & iTunes

iPod Classic 販売終了

9月9日のiPhone 6/6 Plus発表イベントの直後からアップルのサイトから姿を消していたiPod Classic。

スポンサーリンク

アメリカ Wall Street Journalのイベントである「WSJ.D」に出演したティム・クックCEOが、その原因についてコメントしています。

iPod classicはこのまま終了──消えた理由をAppleのクックCEOが説明 - ITmedia ニュース

ティム・クックCEOは、HDD内蔵のiPod classicを製造するのに必要なコンポーネントやパーツが既に入手できなくなっていると説明。

iPod Classicに使われていた1.8インチHDDが入手できなくなったというのがその理由みたいですね。

iPod classicは主に東芝製の1.8インチHDDを搭載していた。東芝は1.8インチHDDの新製品として2011年に220Gバイトモデルを発表しているが、現在、東芝のHDD関連サイトには1.8インチHDDの情報は掲載されていない。

これを受けてか、アマゾンには低下の倍以上の価格で販売する出品者が増えてますね。

当初の販売価格が24,800円。

2014年10月29日現在の価格は、なんと58,460円!

音楽を大量に持ち運びたいユーザーに重宝されていたiPod Classic。

どうしても欲しいという方はしようがありませんが、今後はiPod Touchに128GBが登場するかも知れませんので、もうちょっと待ってみてもいいかもです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。