Yosemiteへのアップグレードはもうちょっと待とうかなと...不具合多発中。

  • 更新:
  • 公開:2014.10.20
  • by
  • カテゴリ:macOS

OS X Yosemite どこを見ても、力に満ちている。

2014年10月17日にリリースされたOS X Yosemite。

早く使ってみたいものの、メジャーバージョンアップの時はこれまで使ってたアプリが使えなくなったり、不具合が起きたりと、いろんなことが起きる可能性が高いのでどうしても慎重になってしまいます。

スポンサーリンク

今回のYosemiteで、現状どれぐらいの不具合があるのか調べてみたら、いろいろあってちょっと驚きです。

NAVERにまとめがアップされてました。

【時期尚早?】Mac OSX 10.10 Yosemite 不具合まとめ - NAVER まとめ

【要注意!】Mac OSX Yosemite(10.10) 新機能・不具合・バグまとめ - NAVER まとめ

あぁ、iCloud DriveにアップデートでiPhone側のユーザー辞書も消えたという報告もありますね。



うわぁ、アドビ系のソフトも不具合が出てます。

イラストレーターCS3、CS4、CS5の不具合報告が多いようですね。中には、CS6も動かないなんてものも。



Finderもおかしくなってるのか?


その他、iTunesが起動しない、Wi-Fiの繋がりが悪い、Xcodeが動かない、周辺機器が動かない、などいろいろ出てきてますね。

周辺機器が動かないとかは、ドライバのアップデートで治ると思いますが、アドビ系のソフト(特にPhotoshop)を使うことが多いので、そろそろCCに移行しようかなと思っております。

とにかく、1週間ほど様子見してみます。


OS X Yosemiteへのアップグレード方法や対応モデル、注意点はこちら。

OS X Yosemiteへのアップグレード方法

Apple - OS X Yosemite - アップグレード方法

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。