Retinaディスプレイを搭載した新iMacは2014年10月に発表か?

RetinaディスプレイのiMacは2014年10月発表?

新型iMac、それもRetinaディスプレイを搭載したモデルの噂が出てきてます。

この秋に発表される新しいOS X Yosemiteにあわせて登場するかも♪

スポンサーリンク

Retina iMacs with OS X Yosemite in late testing within Apple, could launch soon | 9to5Mac

The fact that the iMac is in late testing indicates that Apple could be preparing to launch it alongside OS X Yosemite this fall…

Retinaディスプレイは2010年にスマートフォンのiPhone 4で採用され、2012年にはラップトップのMacBook Proに採用されています。もちろん今月発売されたiPhone 6/6 Plus似も採用されてますね。

スマホ → ラップトップときたら、次はやっぱりデスクトップ!

OS X Yosemiteの開発者用ベータ版には「6400 x 3600」「5760×3240」「4096 × 2304」という巨大な解像度の記述があり、これがRetinaディスプレイ搭載のiMacのものではないかというのがもっぱらの噂です。

さらには、10月にYosemite発表イベントが開催され、その時に合わせてRetinaディスプレイを搭載した新型iMacはもちろん、新iPad Air 2と新iPad miniも発表されるんじゃないかという、なんともお腹いっぱいになりそうな感じになっております。

去年の1月に購入した27インチのiMacがまだまだ現役バリバリ状態なので、今のところ買い替える気は全くありませんが、Retina+αの要素があるのかどうかが気になるところです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。