あなたのMacは大丈夫?17,000台を越えるMacがマルウェアiWormに感染中

  • 更新:
  • 公開:2014.10. 7
  • by
  • カテゴリ:macOS

マルウェア「iWorm」感染チェック

Macを狙ったマルウェア「iWorm」の感染が拡大中だとか。

Internet Watchによると、17,000台を越えるMacがiWormに感染し、ボットネット(ウイルス感染ネットワークのこと)が形成されているそうです。

スポンサーリンク

1万7000台を超えるMacがマルウェア「iWorm」に感染、感染源は不明~掲示板「reddit」からの命令を待っている -INTERNET Watch

感染数が最も多いのは米国で4610件(26.1%)。以下、カナダが1235件(7.0%)、英国が1227件(6.9%)などで、上11カ国で計1万1839件に上り、67%を占めている。日本での感染件数は明らかにされていないが、残りの33%中に含まれている可能性がある。

感染源はまだ不明ですが、4種類の亜種が存在するとみられています。

実際にどういう影響が出ているのかは不明ですが、感染したMacから情報収集したり命令を実行させたりといった能力があることは確認されているみたいですね。


iWormに感染しているかどうかは、Mac内の“あるフォルダ”があるかないかで判断が可能。

上記画像のように、「フォルダへ移動」から「/Library/Application Support/JavaW」を入力してJavaWフォルダがあれば感染しているという結果になります。

「フォルダへ移動…」はFinderの「移動」の下から2番目にあります。

Finderの「移動」から「フォルダへ移動…」を選択

簡単にチェックできますので、まずはお試しを。

うちのiMacとMacBook Airは大丈夫でした。


Macのマルウェアとしては、2012年のFlashbackが有名ですが、あの時はJavaアップデートがリリースされました。

トロイの木馬「Flashback」を削除するJavaアップデートがリリース|SKEG*log


今回も、被害が拡大すればこういったアップデートがリリースされるんじゃないでしょうかね。

その他、OS X のセキュリティアップデートやFlash、Adobe Readerなども最新の状態にアップデートしておくのをお忘れ無く。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。