iPhone 6 Plus のバッテリー持ちが素晴らしい!1日6時間使っても残量50%越え!

  • 更新:
  • 公開:2014.10. 6
  • by
  • カテゴリ:iPhone

iPhone 6 Plus はバッテリーの持ちがいい♪

iPhone 5sの約2倍のバッテリー容量を誇るiPhone 6 Plus。

具体的にはiPhone 5sが1560mAhで、iPhone 6 Plusが2915mAhですね。

6 Plusを購入してから約1週間ほど使ってみましたので、どれぐらいバッテリーを消耗するのかまとめてみました。

スポンサーリンク

iPhoneのバッテリー消費に関しては、どういう使い方をしているかによって大きく変動しますので、まずは私の使い方を簡単にご紹介。

iPhone 6 Plus 普段の使い方

普段よく使うアプリはこんな感じ。

  • Feedlyで情報収集
  • GmailやTwitterやFacebookで情報収集
  • Kindleで電子書籍を読む
  • SafariでWebブラウジング
  • YouTubeで動画視聴
  • Instapaperで保存した情報を整理し、Evernoteでブログの下書き
  • ミュージックアプリで音楽を聴く
  • カメラアプリで写真を撮る
  • パズドラ

通信が必要なアプリが多いですね。

通信を頻繁に行うアプリを使うことが多ければバッテリーの消費は激しくなります。また、ディスプレイが大きくなった分、ディスプレイの明るさによっても消費電力が大きく変わるはず。

ディスプレイに関しては、「明るさの自動調節」を最初オフにしてましたが、いちいちコントロールセンターで設定するのが面倒なのでオンにしてます。

時間軸に沿ったバッテリー消耗の推移

毎日仕事から帰ったらバッテリーを充電。

2〜3時間で寝る前までには100%になるので、ケーブルを外して就寝です。(※ちなみに、100%になった状態でケーブルを挿しっぱなしでいると、バッテリーにはあまりいい影響はないようです。)


iPhone 6 Plus のバッテリーを寝る前に100%充電

就寝時、バッテリーの残量は100%。iPhone 6 Plusではこの100%の状態で5〜10分ぐらい使っても100%のままですね


朝起きた時のiPhone 6 Plusのバッテリー残量

起床後、出社前のバッテリー残量がこれ。

まだ100%を保ってますね。


6時間使用後のiPhone 6 Plus バッテリー残量

その後、仕事して帰宅時のバッテリー残量がこれ。

21時53分で約55%ものバッテリーが残ってます。

最後の充電完了後の経過時間は、

使用時間:6時間17分
スタンバイ:22時間18分

です。


ちなみに他の日でも見てみたんですが、使用時間が5時間ぐらいの時は、65%ぐらいバッテリーが残ってました。すごい持ちだ!

5sの時は帰宅時のバッテリー残量が20〜30%だったのを考えると、かなりバッテリーが持つのが分かります。これだけバッテリーが持ってくれるのはかなり安心感があります。5sの時はモバイルバッテリーの購入を検討したこともありましたが、6 Plusではそんなことを考える必要がなくなりました♪

バッテリーをこれだけ持たせるために、「位置情報サービス」「バックグラウンド更新」などを必要のないものをオフにすることも重要ですので、それについてはまた後日。


追記:iPhone 6 Plusのバッテリーの持ちを持続させるために、これ↓やってます。

iPhoneやiPadのバッテリー、月に1回は完全放電させて長持ちさせましょう!

リチウムベースのバッテリーを適切にメンテナンスするには、バッテリー内の電子を時々動かすことが重要です。毎月最低でも1回は充電/放電サイクルを完了する(完全に充電した後、バッテリーを使い切る)ようにしてください。
スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。