iPhoneとMacの売れ行き好調!アップルが2014年第4四半期の業績発表。

  • 更新:
  • 公開:2014.10.22
  • by
  • カテゴリ:Apple

Apple 2014年 第4四半期の業績を発表

アップルが2014年第4四半期の業績を発表してます。

3期連続の増収増益で、特にiPhoneが前年同期比16%増の3,927万台、Macがなんと前年同期比21%増の552万台も売れてます。

スポンサーリンク

2014年第4四半期の決算内容は以下の通り。
※()内は前年同期比

売上高:421億ドル(375億ドル)
純利益:85億ドル(75億ドル)
希薄化後の1株当り利益:1.42ドル(1.18ドル)
売上総利益率:38%(37%)

iPhone:3,927万台(3,520万台)
iPad:1,231万台(1,327万台)
Mac:552万台(441万台)


Apple 2014第4四半期 詳細なデータ

より詳細なデータはこちらをどうぞ。

Apple Inc.Q4 2014 Unaudited Summary Data


ティム・クックCEOのコメントがこちら。

2014年度は、iPhone 6、iPhone 6 Plusという過去最大のiPhone新製品発売を含め、特記すべき過去最高の会計年度となりました。


Apple (日本) - Apple Press Info - Apple、第4四半期の業績を発表

iPhoneとMacの売れ行きは好調ですが、iPadがどうも足を引っ張っているようです。前年同期比で13%減の1,231万台で、過去2年以上の間で最低の数字となりました。

iPad Air 2はずいぶんスペックアップしてますが、iPad mini 3ではほとんど変化なし。ゴールドモデルが追加され、Touch IDを搭載しただけというさみしさ...。Air 2は売れるでしょうけど、mini 3はあまり買い替える必要性を感じませんね。

まぁ、iPadに関してはスマホよりも買い替えのサイクルが長いので(実際、うちにある2台のiPadは、初代iPadとiPad mini Retinaディスプレイモデル)、売れにくいというのもあるんでしょうね。

来年には12インチオーバーのでっかいiPadが発売されるはずなので、iPadを含めたタブレット市場が再燃するんじゃないかなと思ってますが、さて、どうなりますやら。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。