日本で一番売れているスマートフォンは、もうiPhoneではないのね...【2014年5〜7月】

  • 更新:
  • 公開:2014.9. 8
  • by
  • カテゴリ:iPhone

スマホ内iPhone販売シェア(キャリア別)

市場調査会社のカンター・ジャパンが、2014年5月〜7月に調査したスマートフォンの販売シェアを公開してます。

上記画像が各キャリアのスマートフォンのうち、iPhone販売シェアを表したグラフ。

スポンサーリンク

Softbankでは依然として50%以上の高い販売シェアですが、auとドコモの販売割合が低く、全体では約29%という結果に終わっています。

昨年同期比の調査では49%でしたので、20%も下落したことになります。
(※補足として、iOSはアップルのiPhoneのみ、Androidは複数メーカーなので1対多という勢力図になってます。)


さらにもっと驚愕だったのがこの↓グラフ。

スマートフォンOS別販売シェア

これが2014年5月〜7月の国別販売シェアの結果。

以前はどうだったのかと約1年半前の状況↓を見てみると...

日本で一番売れているスマートフォンはiPhone。Androidの倍!

これが2012年10月〜12月の結果。(→ Androidの倍!日本で一番売れているスマートフォンはiPhone。一方、世界では...|SKEG*log


たった1年半で完全にiOSとAndroidが逆転!


2014年5月〜7月の調査結果なので、iPhone 6の発売に合わせて買い控えがあっているとは思いますが、ここまで顕著に差が出てくるのは面白いですね。

過去最高の販売が見込まれているiPhone 6ですが、9月9日の発表後、どう市場が反応してシェアに影響が出るのかが気になります。

まず最初は、アップルの株価に影響が出てくるでしょうね。

src:KANTAR JAPAN

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。