iPhone 6 Plus 購入!開封から復元まで完了。後悔→あぁ、デカイって素晴らしい!

  • 更新:
  • 公開:2014.9.29
  • by
  • カテゴリ:iPhone

iPhone 6 Plus 写真

auオンラインショップで2014年9月12日22時頃に予約が完了していたiPhone 6 Plus。

9月27日(土)にようやく機種変更が完了したので、まずは受け取りまでの流れから。

スポンサーリンク

今回はauのオンラインショップにて予約申し込み。

auのオンラインショップで申し込み→auショップで受け取りにすると、au WALLETで1,500ポイント(円)がもらえます。

詳しくはこちら。

iPhone 6、iPhone 6 Plusの予約受付は本日16時から。auはオンラインショップがお得!|SKEG*log

auオンラインショップで申し込み→店頭で受け取り

9月12日午後4時からiPhone 6、iPhone 6 Plusの予約受付が一斉に開始。

ところがauオンラインショップへのアクセスが集中して全然繋がらない。

予約が完了したのが9月12日22時頃でした。

iPhone 6 Plus スペースグレイ 64GB 予約完了!|SKEG*log


9月19日の発売開始を過ぎても何も連絡がなく、数週間待たされるのかなと思ってたら、発売から2日が経過した9月21日17時過ぎに「本申し込みのご案内」メールが届く!

早速auオンラインショップで本申し込みの手続きを済ませたところ、受け取り先のauショップには祝日も挟んでいたので9月26日(金)には届くことが判明。

というわけで週末の9月27日(土)に店舗で機種変更の手続きを完了させてきました。


一通りの流れはこんな感じ。auオンラインショップで予約してる人は参考にしてみてください。


今回は、1,500ポイントをもらうためにauショップでの受け取りにしましたが、auショップでは「SIMカードの差し替え」「新端末の通話チェックなどの動作確認」だけなので、次回からは自宅受け取りにしてもいいかなと。

iPhone 6 Plus スペースグレイ 64GB 開封から復元まで

購入したのはiPhone 6 Plus スペースグレイの64GBモデル。

iPhone 5s スペースグレイ 64GB からの機種変更です。


iPhone 6 Plus 真っ白な箱

iPhone 6 Plusの箱がこれ。これまではiPhoneの写真がプリントされてましたが、今回は真っ白で実物大のiPhone 6 Plusの形が浮き出るようなデザインになってます。

これまではモデル名がサイドにプリントされてましたが、今回は「iPhone」のみ。

もうデカイっていうのは皆さん分かっていると思いますので、大きさについては割愛。


iPhone 6 Plus 内包物一覧

こちらが内包物一覧。iPhone 5sの時とほぼ同じですね。

  • iOS 8を搭載したiPhone 6 Plus 本体
  • Apple EarPods with Remote and Mic
  • Lightning - USBケーブル
  • USB電源アダプタ
  • マニュアル
  • アップルロゴシール

今回もマニュアルは1枚のみですが、モノクロ仕様でもっとシンプルになりました。


iPhone 6 Plus データを復元

データの復元も、iPhone 5sの時と同様。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

iPhone 5s 購入!開封から復元まで - 無事完了|SKEG*log

データ復元後、再設定したもの

iPhone 6 Plusへのデータ復元は全部でおよそ1時間ぐらいで終了。

iTunesで暗号化されたバックアップからの復元なので、ほとんどのアプリでIDやパスワードを再入力する必要はありませんが、5sの時は「Kindleアプリ」「キャリアメールのアカウントとデータ」の2つだけでしたが、今回はそれに加えて指紋認証の「Touch ID」も設定しました。

大きさにはすぐ慣れました!

データの復元完了後、2日ほどさわってみた感想は...

デカイって素晴らしい!

ということ。


正直、使ってみる前に何度も店頭で実機をさわっては「やっぱデカイわぁ」とちょっと引き気味になって、予約→本申し込みをしたのをちょっと後悔した時もありました。

実際に6 Plusを使ってみると、

  • 1ページに表示される情報量が多い
  • 写真や動画が大きなディスプレイで見られる
  • 何とか片手でもある程度は操作可能

という感じで、表示される情報量の多さや視認性が高いとうことがこんなにも快適なのかと再認識させられました。

どうしても片手で操作したいって方にはおすすめしませんが、両手で操作することが苦にならない方なら満足度は高いでしょう。


現状、6 Plusの表示領域に最適化されていないアプリが多いので、5sで表示されていたものが単純に拡大されているっていうだけのアプリでは、文字や画像が極端に大きくなってしまうという状況ではありますが、これは今後アプリ側が対応してくれるのを待つしかありません。


「曲がる」という情報が大きく広まってしまったiPhone 6 Plusですが、今後自分が使ってるのを見た人から「あ、それって曲がるんでしょ?」な〜んて聞かれるのが絶対面倒くさいだろうなぁと予想できる、iPhone 6 Plus 購入2日間のレビューでした。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。