iPhone 6 Plusの大きさが分からないなら、1万円札を持ってみると解決ですよ♪

  • 更新:
  • 公開:2014.9.11
  • by
  • カテゴリ:iPhone

iPhone 6 Plusの大きさはほぼ1万円札と同じ

4.7インチのiPhone 6へ買い替えるか、5.5インチのiPhone 6 Plusに買い替えるか迷っている方は、1万円札を取り出して手に持ってみると1発で分かりますよと。

スポンサーリンク

4.7インチであれば、iPhone 5sが4インチなのでそんなに違和感はないと思いますが、今度のPlusの方はまじでデカイ!

iPhone 6 Plusの大きさをすぐにでも確認したい場合は、大きさがほぼ同じである1万円札を持ってみればOK。

(上記写真は、偽造防止のために1万円札にモザイクと「見本」の文字を入れています。)

5s、6、6 Plus、そして1万円札の「横×縦」の大きさは以下の通り。

iPhone 5s:
iPhone 6:67.0mm × 138.1mm
iPhone 6 Plus:77.8mm × 158.1mm
1万円札:76mm × 160mm

1万円札の方が、横幅で-1.8mm、縦幅で+1.9mmですが、ほぼiPhone 6 Plusと同じ大きさです。

実際に1万円札を持ってみると、やっぱりデカイ!特に縦が長くなってます。


5sから機種変を考えていますが、どうせならPlusの方に機種変して、今使っているiPad miniを家族専用リビングマシンとして使えるなぁと。

5.5インチだとiPad miniの代わりにもなってくれそうですしね。

【衝撃画像】5.5インチのiPhone 6って、iPad miniとそんなに変わらないじゃない!|SKEG*log


ちなみに、iPhone 6とiPhone 6 Plusでは、この大きくなった画面のために新機能である「Reachability」が搭載されます。

どんな機能かというと…

ホームボタンを2回タップすると、上部の画面が下にスライドして親指で操作ができちゃいます。

素晴らしいユーザーインターフェイスですねぇ。


あ〜、どうしようかなぁ。Plusにいっちゃおうかなぁ♪

まだまだ悩み中です。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。