iPhoneをMacに接続→自動でiPhotoを起動させない→イメージキャプチャで設定しよう

iPhoneをMacに接続した時、自動でiPhotoを起動させないようにする方法

普段iPhoneを充電する時は電源アダプタは使わず、iMacにつないであるLightning-USBケーブルを接続して充電しているんですが、ある日から自動でiPhotoが起動している事に気がつきました。

スポンサーリンク

毎日iPhotoに写真を取り込むことはしないので、iPhoneをMacに接続してもiPhotoが起動しないように設定を変えたいとiPhotoをいろいろ見てみましたがそれっぽいところが見つからず。

いろいろと調べてみたら、「イメージキャプチャ」アプリが原因でした。

iPhotoを起動させないようにするために、以下の方法で設定解除しておきました。


イメージキャプチャウィンドウの左下にある小さいアイコンをクリック

アプリケーションフォルダにある「イメージキャプチャ.app」を起動すると、上記がウィンドウが出てくるので、左下にある小さなアイコンをクリック。


プルダウンをクリック

「このiPhoneを接続時に開くアプリケーション」でiPhone.appが選択されてました。

どうりで毎回iPhotoが開くはずです。

このプルダウンメニューをクリックして、


「割り当てなし」を選択

「割り当てなし」を選択すれば設定完了。


iPhoneからケーブルを抜き差しして動作を確認してみたところ、iPhotoは起動されませんでした。

同じようなことでお困りの方は参考にしてくださいませ。


その他の便利な機能はこちらをどうぞ。

iPhone Tips 一覧

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。