ひび割れ卒業、カラバリ、リバーシUSB、氷水など今週のアップルまとめ 2014/8/18〜8/24

  • 更新:
  • 公開:2014.8.24
  • by
  • カテゴリ:Apple

今週(2014/8/18〜8/24)のアップル関連主要ニュースのまとめ。

ひび割れからの卒業!iPhone 6 サファイアガラス採用か

iPhone 6のカラバリはiPhone 5sと同じっぽい

アップル製品、今後はどっちでも挿せるリバーシブルUSBに?

iPhone 5 バッテリー交換プログラム開始

iPhone 6?液晶生産の一部に遅れ

大きめのニュースやネタですが、9月9日の発表が近づいてきているので、今週はほぼiPhone関連の5本です。

スポンサーリンク

ひび割れからの卒業!iPhone 6 サファイアガラス採用か

iPhoneからヒビがなくなるかも!Apple、サファイアガラスに7億ドル投資

iPhoneからヒビ割れがなくなる日は近い。Apple、サファイアガラスに7億ドル投資

iPhone 6のカラバリはiPhone 5sと同じっぽい

iPhone 6のホームボタン流出画像

iPhone 6のホームボタン画像が流出?カラバリはiPhone 5sと同じ3色展開で決まりか

アップル製品、今後はどっちでも挿せるリバーシブルUSBに?

アップルのリバーシブルUSBケーブル

今後、AppleのUSBケーブルはどちらでも挿せる「リバーシブルUSB」に?iPhone 6から採用か

iPhone 5 バッテリー交換プログラム開始

iPhone 5バッテリー交換プログラム

iPhone 5 バッテリー交換プログラム - Apple サポート

iPhone 5ユーザーの方、要チェックですよ。

iPhone 6?液晶生産の一部に遅れ

米アップルの新型iPhone、液晶生産の一部に遅れ=関係筋 | Reuters

複数の関係筋によると、生産が一時停止したのは、液晶の後半工程。バックライトが液晶メーカーに届かず、取り付け作業が中断した。液晶メーカーは5月頃からパネルの量産に入っていたが、6―7月にかけて後半工程に入れずにいたという。

新型iPhoneということは、9月9日に発表されると噂されているiPhone 6のことでしょうか。

原因についても触れられてまして、

その要因として指摘されているのが、アップルの厳しい設計。バックライトの明るさを高める輝度向上フィルム(BEF)はこれまで2枚を使用していたが、iPhone6では、一段の薄型化のため、このフイルムを1枚に減らす仕様で設計した。


だが、BEFを減らした設計では、実際のバックライトの量産に難航。このため、設計をはじめからやり直すことに至り、液晶全体の生産に遅れが生じたという。

現在は、一時停止した生産の遅れを取り戻すべく、急ピッチで後半工程の作業が進められているようです。


あ、あとティム・クックCEOも氷水浴びてましたね。

動画はこちらからどうぞ。

ALS Ice Bucket Challenge - YouTube

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。