iPhoneやiPadで2桁の「まるすうじ」を入力する方法と使用上の注意点|iPhone Tips

iPhoneやiPadで2桁の「まるすうじ」を入力する方法

iPhoneやiPadで①や②などの丸で囲まれた数字を入力する方法です。

1桁の数字であれば、その数字を入力→変換で表示されますが、これが2桁になるとどうしていいのか途端に分からなくなります。

スポンサーリンク

そんな時は「まるすうじ」と入力してみてください。

「まるすうじ」と入力

「まるすうじ」と入力したら、上記画像の赤丸部分をタップ。


すると...

まるすうじがずらーっと

丸で囲まれた2桁の数字がずらーっと表示されます。

あとは好きな数字をタップするだけ。

数字の順番がバラバラなのが気になりますが、50まで入力することができますよ。


ちなみに、Macでも「まるすうじ」と入力して変換すると、20まで候補が表示されました。

「まるすうじ」を使うときの注意点

ちなみに、この丸で囲まれた数字は「機種依存文字」と呼ばれるものです。

機種依存文字とは、パソコンの種類やOSの違いなど、異なる環境で表示させた場合に文字化けが起きたり機器の誤作動を発生させる可能性のある文字のこと。

この「まるすうじ」もそうですが、そのほかローマ数字や囲み文字、省略文字、単位記号などが該当します。

同じiPhoneやiPadを持っている人なら、機種依存文字でも文字化けせずに表示出来ますが、OSが異なったりすると(例えばiPhone → Androidのスマホへ機種依存文字が入ったメールを送る場合など)、文字化けが起こると思います(未確認)。

こうした機種依存文字を使うと、意図した内容がキチンと伝わらない場合があるので、ご注意ください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。