iPhoneの白がキツイと感じたら…ホワイトポイントを下げよう

  • 更新:
  • 公開:2014.4.15
  • by
  • カテゴリ:iPhone , macOS

iPhoneのホワイトポイントを下げる

iPhoneを使っていて、ディスプレイの白がどうもキツイ。

かといってディスプレイの明るさはあまり下げたくない…。

スポンサーリンク

そんな時は、iOS 7.1から新しく追加されている「ホワイトポイントを下げる」をオンにしましょう。

ホワイトポイントとは?

ホワイトポイントとは、画像内の一番白い(最も明るい)位置を指定するポイントのこと。

カメラで撮影した写真が、たまに黄色っぽく写ったり、青っぽく映った時に、Photoshopなどの画像処理ソフトで本来白であるべきポイント(ホワイトポイント)を指定して、正しい色に補正する時によく使います。

iPhoneでホワイトポイントを下げる方法

iPhone(iOS 7.1で確認済み)でホワイトポイントを下げるには、


「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「コントラストを上げる」


を選択すると、上記画像のように「ホワイトポイントを下げる」が出てきますので、右のボタンをタップしてオンにすればOKです。

見た目はどう変わる

オンにすると、すぐに画面に反映されるので効果は簡単に分かると思います。

全体的に白色の発色が少し緩和される感じですね。

この設定だと、iPhoneのディスプレイを明るく設定している場合でも、目に優しくなったような気がします。

毎日見るiPhoneなので、少しでも目に負担をかけないようにしたかったので、これはなかなかいいかも♪


その他、こちらもあわせてどうぞ。

iOS 7 便利なTips 一覧

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。