情報収集のためのFeedlyをもっと便利に使う方法 - 長押しで好きなツールに登録完了♪

  • 更新:
  • 公開:2014.4. 3
  • by
  • カテゴリ:アプリ

iPhoneのFeedlyアプリ、長押しで登録完了

Googleリーダーの終了から長いことFeedlyを使ってましたが、この機能、先日知りました。

Feedlyユーザーがどれくらいいるか分かりませんが、ちょっとご紹介しておきます。

スポンサーリンク

Feedlyとは

Feedlyは、Webサイトのニュースフィード(RSS)を登録しておけば、そのWebサイトの更新情報を自動的に収集してくれる便利なツール。

iPhoneなどのiOS版はもちろん、Android版、ブラウザ版もあるので便利です。

Googleリーダーが終了するのでfeedlyを試してみたら移行が超簡単だった|SKEG*log


2013年7月1日のGoogleリーダー終了時には、RSSは終わった!なんて騒がれたりしましたが、うちの情報収集ツールとしてはまだまだ現役です。平日だと、全くチェックしなかったら500以上の未読がたまってしまうという状況。

少しでも気になった情報はすぐにInstapaperに登録して、どんどん捌いていかないとたまる一方なので、如何に効率よくチェックしていくかが重要なんです。

便利な機能で好きなツールに一発保存

これまでは、1記事ごとに概要を表示して気になったものをInstapaperに登録していましたが、先日Feedlyをいじってて、偶然タイトルを長押ししてみたら、Pocketのログイン画面が表示されました。

なんで普段使わないPocketの画面が表示されたのかと、「Settings」を見てみたら、それらしいものがありました。


Feedly お気に入りの保存ツールを選択

Settingsの「Favorite Saving Tool」、これです。

デフォルトでPocketが選択されていたので、Instapaperに変更。

これで気になったタイトルは概要を読まずとも、タイトルを長押しすればInstapaperに登録されるようになりました!

うほ〜、超便利♪


ちなみにフリー版のFeedlyで保存先に選べるツールは、「Feedly」「Pocket」「Instapaper」の3つです。

月額5ドルからのPro版だと、EvernoteやOneNoteにも保存できるようになります。

情報収集にFeedlyを使っている方は、是非お試しを♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。