iPhoneやiPadのバッテリー、月に1回は完全放電させて長持ちさせましょう!

バッテリーの残量が空くなっています

iPhoneやiPadなどに使われているバッテリーはリチウムベースのバッテリーです。

買ってすぐの時は1日は持っていたバッテリー。

スポンサーリンク

毎日、放電充電を繰り返していると、徐々にバッテリーの寿命が短くなってきて、1年も使っていると、元の容量の80%ぐらいしか充電できなくなってしまいます。

月に1回は完全放電

その寿命を少しでも長持ちさせるために月に1回は完全放電させてあげましょう。バッテリー内の電子を動かしてあげることが重要です。

アップルの公式ページにも記載があります。

アップル公式 iPadバッテリー

アップル - バッテリー - iPad

iPadを定期的に使う


リチウムベースのバッテリーを適切にメンテナンスするには、バッテリー内の電子を時々動かすことが重要です。毎月最低でも1回は充電/放電サイクルを完了する(完全に充電した後、バッテリーを使い切る)ようにしてください。

普段使っていると、

バッテリー残量20〜40%の時に充電→100%充電

を繰り返すことが多く、10%以下、さらには0%まで完全放電させることはあまりないのが現状です。

アップルの公式ページにも記載がある完全放電。

1ヶ月に1回は完全にバッテリーを使い切るようにメンテナンスを心がけてます。

残り数%のバッテリーを完全に使い切るには

iPhoneやiPad、特にiPadは結構電池の持ちがいいので、なかなか完全にバッテリーを使い切ることがあまりないのが実情です。

残り数%のバッテリーを完全に使い切るには、バッテリー消費が大きいアプリを使うといいです。

バッテリー消費が激しいアプリは、動画アプリや地図系アプリ。大量のデータを通信&位置情報サービスを使うアプリだと激しくバッテリーを消耗します。

YouTubeやGoogleマップ、あとGoogleドライブでデータをいくつも参照してると残り数%のバッテリーを比較的早く消費することができます。


追記1:iPhone 6 Plusのバッテリーの持ちは最強です。

iPhone 6 Plus のバッテリー持ちが素晴らしい!1日6時間使っても残量50%越え!

5sの時はモバイルバッテリーの購入を検討したこともありましたが、6 Plusではそんなことを考える必要がなくなりました♪


追記2:もっとバッテリーについて詳しく知りたいって方はこちらもどうぞ。
iPhoneやiPad iPod MacBookのバッテリー寿命を少しでも延ばす方法が詳しく分かるサイト4選

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。