無料で7GBのクラウドスペースが使えるOneDrive。MacにもiPhoneにもiPadにも対応。

  • 更新:
  • 公開:2014.2.26
  • by
  • カテゴリ:アプリ

OneDrive Microsoft MacAppリリース

無料で7GBのクラウドスペースが使えるMicrosoft、OneDrive(旧SkyDrive)のMac用アプリが無料で配信開始されていたので早速Macにインストールしてみました。

スポンサーリンク

Macへのインストールはとても簡単でした。

MacのApp Storeを開いてOneDriveをインストール。

OneDrive Macにインストール

OneDrive用に使うフォルダを指定すれば完了。

僕の場合は、Microsoftのアカウントを持っていなかったので、新規で取得して設定しておきました。


OneDriveをインストールすると、DropBoxやGoogleドライブと同じように、Macやほかのコンピュータで同じフォルダを最新の状態に同期して使えるので、どこからでも参照できるようになります。


OneDrive iOS用アプリもあるよ

iPhoneやiPad用アプリも用意されているので、iPhoneやiPadでも同期が可能です。

もちろん、ブラウザでも同期が可能なので、アプリをインストールしていない端末でも使えます。


今回は初めてMicrosoftのアカウントを作ったので「7GB」の無料スペースを使うことができるようになりましたが、以前のSkyDriveユーザーだともうちょっと容量が大きくなるようです。

OneDriveのカスタマーレビュー欄には30GBという表記もありました。


個人で使うファイルはDropbox、仕事で使うファイルはGoogleドライブと分けて使っていたので、今のところ容量的には何の問題もありませんが、Microsoftが提供するサービスということでサーバーが落ちる可能性は低い(ファイルが消える可能性も)だろうと判断してまずはインストールしておきました。

何に使うかはまだ未定ですが、「あって良かった無料のクラウドスペース♪」ってことで。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。