iTunes Cardの長いコードはiPhoneのカメラを使えば一瞬で読み取り完了♪簡単すぎwww

iTunesカードの長いコードもiPhoneのカメラを使えば一瞬で読み取り完了

先日、追加で購入した10,000円分のiTunesカード

前回、iTunesカードを購入した時はiMacのカメラで読み取りましたが、今回はiPhoneで試してみました。

スポンサーリンク

iPhoneのカメラでiTunesカードのコードを読み取る方法

まずはiPhoneのApp Storeアプリを起動します。


App Store アプリの最下部「コードを使う」をタップ

App Store アプリで、ページの一番下までスクロールしていき、「コードを使う」をタップします。


ギフトカードのコードをカメラで読み取ってください

「ギフトカードのコードをカメラで読み取ってください」と表示されるので、そのまま「カメラで読み取る」をタップします。


あっという間に読み取り完了!

画面がカメラに切り替わり、コード部分を画面の中に入れるとほんの一瞬でコード番号にフォーカスされ、読み取りが完了します。

画面の最下部には読み取った番号も表示されます。


コードの引き換えに成功しました。

画面が切り替わり、完了画面が表示されます。

読み取る前は¥2,040円だった残高が¥12,040になっているのが分かります。

これで長いコード番号の読み取りは完了です。


こうやって文章で書くとちょっと長い感じになりますが、実際やってみるとホントに一瞬で終わります。

「えっ!もう終わったの?」って感じ。

拍子抜けするぐらい簡単ですよwww

まだやったことがない方は是非お試しを。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。