iPad mini と iPad mini Retinaディスプレイモデルの一発で分かる見分け方

iPad mini Retinaディスプレイモデル

先日、近所の家電量販店に行った時のこと。

ちょっと時間があったんで、ふとiPad miniのコーナーに行って、Retinaディスプレイモデルと表記してあるものをいじってました。

すると...ん?なんか違和感が...。

スポンサーリンク

年末からシルバーのiPad mini Retinaディスプレイモデルを使ってるので、それと比べるとディスプレイがなんか違う気がする。画面が荒い。

でもコーナーにはRetinaディスプレイモデルと表記してある。

そこで、iPad miniとiPad mini Retinaディスプレイモデルの唯一の違い、背面を見てみました。


iPad miniとiPad mini Retinaディスプレイモデルの唯一の違い マイク2つ

赤で囲った部分、ここにマイクがあります。

上記写真はRetinaディスプレイモデル。背面と上部あわせてマイクの穴が2つあります。

一方の従来モデルには、背面のマイクはなく、上部のマイクが1つだけです。


家電量販店でiPad mini Retinaディスプレイモデルと表記がある端末の裏を見てみると、マイクの穴が上部に1つだけでした。

うわっ!これ従来のiPad miniだーーー!

と心の中で叫んでおきました。


マイクの穴以外で、従来のモデルとRetinaディスプレイモデルのハード面での違いは、Retinaディスプレイモデルが従来モデルより0.3mm 厚く、Wi-Fiモデルで23g重くなっているだけ。持ち比べてもほぼわかりませんよね。

実物を見て購入したいという方は、この見分け方を知っておけば、一発で判別することができます。

あと、中古のiPad miniを買う時にもこれを知っておけば安心ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。