キターーー!iPad mini Retinaディスプレイモデル買ったぞ!届いたぞ!開けたぞ!

iPad mini Retinaディスプレイモデル 箱

11月12日に発売開始になったiPad mini Retinaディスプレイモデル。

はい、ご覧の通り買っちゃいました♪

まずは開封の様子をご紹介〜。

スポンサーリンク

アップルストアから届いた梱包を開けると

アップルストアから届いた梱包を開けると...iPad miniの文字がお出迎え。


ちゃんとRetinaディスプレイモデルでした。

今回買ったのは128GBのRetinaディスプレイモデル。

パッケージにはiPad miniとしか書かれていませんでしたが、裏にはちゃんと「Retinaディスプレイ」という記載がありました。


箱オープン

箱オープン!この瞬間がワクワクしますね。


iPad mini を取り出すと...

iPad mini を取り出すと、マニュアルと電源アダプタが出てきました。


内包物一覧

iPad mini Retinaディスプレイモデルと一緒に入っていた内包物一覧。

左からLightning - USBケーブル、USB電源アダプタ、iPad miniの簡易説明書(1枚)、iPad mini情報、PCリサイクルについて、白いアップルロゴのシール。


iPad mini Retinaディスプレイモデル、Kindle Paperwhite、iPhone 5s 大きさ比較

手持ちのデバイスの大きさ比較。

左から、

iPad mini Retinaディスプレイモデル・・・7.9インチ

初代Kindle Paperwhite・・・6インチ

iPhone 5s・・・4インチ


かなり小さいKindle Paperwhiteよりも1回りほど大きい感じですね。

重さは331g。一緒に買った真っ赤なスマートカバーまで含めると、350mlの缶ジュース1本分ほどの重さです。

これならどこでも持ち運べるな!


こんにちは

まず最初に、右上のスリープ/スリープ解除ボタンを長押ししてiPad miniの電源を入れますと...、はい、こんにちは!!!


なかなか壊れない初代iPad以来のiPad、しかもminiということで少々舞い上がっていますが、これからいろいろとアプリをダウンロードして環境を整えようと思います。


それにしても起動からホーム画面が表示されるまでの間が長かった。

久しぶりのiPadなので「新しいiPad」として設定したんですが、Apple ID・iCloud・iPadを探す・iMessageとFaceTime・パスコードを作成・Siriを設定など、設定する項目が多い。

既存のユーザーは分かるとして、これって、初めてiPad買った人にはほとんど意味不明なんじゃないの?

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。