iPadのソフトウェアキーボードは分裂させると親指で打ちやすくなる|iPad Tips

iPad ソフトウェアキーボード

iPad mini Retinaディスプレイモデルを買ってから、久しぶりのiPadにワクワクしながら少しでも速く使いこなせるように、このエントリーもiPadのPagesで下書きをしています。

スポンサーリンク

下書きする時は、ソフトウェアキーボードで入力していますが、お世辞にも打ちやすいとは言えないですね。これでブラインドタッチなんかできるんですかな?という感じ。

まあ、少なくともiPhoneのフリック入力よりは速く入力できるんですけどね。


さて、前置きはそれくらいにして、今回はそのソフトウェアキーボードについて。

iPad miniを縦で持った場合、上記画像のように画面下にソフトウェアキーボードが出てきます。

iPadの場合はiPhoneのようにフリック入力がないので、いつも使ってるキーボードと同じようにローマ字入力することになるんですが、両手で持っている場合、どうしても真ん中のキーまで指が届かずに入力がしづらいことがあります。

そんな時は下記画像のように、キーボードの真ん中あたりから指2本で引っ張ってみてください。

ソフトウェアキーボードを分裂させる

すると...みにょーーーーーんとキーボードが伸びて、最後には2つに分断されます。


ソフトウェアキーボードが2つに分裂して打ちやすくなった!

真ん中にスペースができて、両手の親指だけですべてのキーに届くようになります。

ん〜便利!


これはiPadを横にしている時も使えます。

ただ、本気で文章を書く時は、横にして2つに分けずに複数の指を使って入力した方が速いです。まぁ、慣れなんでしょうけどね。

このソフトウェアキーボードの分割は、ちょっとした入力の時に威力を発揮してくれますよ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。