iPad mini Retinaディスプレイモデル バッテリー長持ち過ぎ♪

  • 更新:
  • 公開:2013.12.28
  • by
  • カテゴリ:iPad

iPad mini Retinaディスプレイモデル 使用時間と起動時間

なにこのバッテリーの持ちの良さは!

iPad mini Retinaディスプレイモデルを購入してから、TUMIのバッグに入れていつも持ち運びしてます。

スポンサーリンク

なんせ、ケースまで含めても350gしかないので、持ち運ぶにも全く重さを感じさせません。

まだ仕事でバリバリ使えるように環境を整えていないので、ここ数日間は主に通勤退勤時間を有効に活用すべく、ブログの下書きに使ってました。

その結果、上記画像のように


起動時間・・・5日1時間

使用時間・・・6時間1分


という結果になりました。


この5日間、まったく充電せずに使った結果、どれぐらいバッテリーが残ったのかというと...

iPad mini Retinaディスプレイモデル バッテリー残量

なんと60%も残るという結果になりました。


いやぁ、このバッテリーの持ち具合には正直驚いてます。

アップルのサイトに記載されているバッテリーの駆動時間は、公称で最大10時間ということですが、このままの使い方であれば、12時間以上は持ってくれそうです。


ただ、リチウムイオンバッテリーに関しては、使っていくほどに駆動時間が減ってきて、耐用年数が短くなってしまいます。

少しでもバッテリーを長持ちさせるために、月に一度は完全に充電した後、バッテリーを0%になるまで使い切るようにするつもり。


その他、バッテリーについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

iPhoneやiPadのバッテリー、月に1回は完全放電させて長持ちさせましょう!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。