プライベートブラウズなら履歴が残らない&検索結果の正確な順位が分かるんです!|iPhone Tips

iOS 7のSafariでプライベートブラウザを使う方法

上記iPhoneのSafariの画面、いつもの白色とは違い、上部の枠が黒くなっているのが分かるでしょうか?

これは、iPhoneのSafariでプライベートブラウズしている状態を表してます。

※画面ではiOS 7でと書いてますが、iOS 7以降のSafariでももちろん使えます。

スポンサーリンク

プライベートブラウズとは何かというと、これを有効にしている状態だとその間にアクセスしたWebサイトや検索結果などの情報が保存されなくなるというもの。

どういうときに使うのかというと、他の人のiPhoneを使わせてもらったときにどのページを見たのかバレたくない場合に使うと便利ですね。


今回紹介するのはそのプライベートブラウズのもう一つの機能。

プライベートブラウズの状態では、検索結果の本当の順位を調べることができるんです。

どういうことかというと、例えばこのSKEG*logで一番アクセスが多いこちらのページ。

FaceTimeの通話料金はいくら?対応端末は?などまとめてみた。

このページをGoogleで検索してみます。

検索キーワードは「フェイスタイム」。


うちの記事が1位になってる!!

なんと!うちのサイトが1位になって表示されてます!

でもこれはいわゆる偽の順位、である可能性が高いです(もちろん正解の場合もあります)。

Googleでは「パーソナライズド検索」という機能があり、ユーザーがよく見る検索内容を覚えていて、その傾向からユーザーが好きそうなページをより上位に表示してくれるようになっています。

本当の検索順位を知るには?

そこで本当の検索順位を知るために、プライベートブラウズを利用します。


タブ表示にしてプライベートをタップ

まず、Safariをタブ表示にすると、左下に「プライベート」が表示されます。

これをタップすると、プライベートモードを使用することができるようになります。あとは普通に「+」をタップして新しいウィンドウを開いて検索します。


本当の検索結果が分かる!

そうすると、先ほど1位に表示されていたうちの記事が...4位まで転落してしまいました...

まぁ、これが本当の検索結果なわけです。世の中そんなにあまくない...。

iOS 7では、プライベートモードに切り替える際に、「ページをすべて閉じるか、すべて残すか」を選択する必要がありましたが、iOS 8からはプライベートモードが別になったため、共存させることができるようになってます。

ブロガーやWebサイト管理者の方などにおすすめの内容ですね。

正しい情報、ちゃんと確認しておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。