エラー?故障?AirMac Extreme のステータスランプがオレンジ色に点滅したら...

AirMac Extremeのステータスランプがオレンジ色に点滅

家に帰ってふとAirMac Extremeを見てみると、いつもは緑色に点灯しているステータスランプがオレンジ色に...。しかも点滅してる...。

スポンサーリンク

あら?何かのエラー?それとも故障かな?と思って、AirMac ExtremeのWi-Fiで繋いでいるiPhoneで確認すると、ネットには普通に繋がる。

じゃぁ、一体何なんだ?とMacBook Airをパッと取り出してAirMacユーティリティを起動してみると...。


AirMacユーティリティでもオレンジ色に

画面内のインターネットとAirMac Extremeの左にあるアイコンがオレンジ色になってました。

そして、AirMac Extremeの隣には赤丸で「1」が出てまして、それをクリックすると...。

ファームウェアアップデートでした。

はい、オレンジ色の原因は、ファームウェアアップデートの通知でした。状況のところに書いてありますね。

状況 ファームウェアをアップデートできます

そのままアップデートをクリックして、パスワードを入力し、アップデートが適用されてAirMac Extremeが再起動されると、いつもの見慣れた緑色の点灯状態に戻りました。


AirMac ユーティリティもグリーンに

AirMacユーティリティでも緑色になり、正常な状態になったのが分かります。

後で調べてみると、今回のアップデートは「AirMacベースステーションおよびTime Capsuleのファームウェア・アップデート 7.7.2」ということが分かりました。

AirPort Extreme and AirPort Time Capsule base stations Firmware 7.7.2


うちのAirMac Extremeも7.7.1から7.7.2にアップデートされました。

今回のアップデートの内容は以下の通り。

  • AirMac Extremeに接続されているUSBハードディスクがTime Machineの使用可能ディスクとして表示されない問題を修正
  • WAN接続で、断続的に途切れる問題を修正
  • ネットワークループが発生する問題を修正


今回はファームウェア・アップデートの通知でしたが、以下のような状態でもオレンジ色に点滅するようです。

  • Wi-Fi ベースステーションが新品のため、未設定の状態になっている。
  • Wi-Fi ベースステーションがリセットされている。
  • Wi-Fi ベースステーションで利用できる新しいファームウェアアップデートがある。
  • Wi-Fi ベースステーションで利用できる IP アドレスがない。
  • 拡張モードの Wi-Fi ベースステーションが、プライマリ Wi-Fi ベースステーションの Wi-Fi ネットワークの範囲外にある。
  • WAN Ethernet ケーブルが、Wi-Fi ベースステーションに接続されていない。
  • Wi-Fi ベースステーションに、インターネット (またはローカルルーター) へのパスがない。
  • インターネットサービスプロバイダ (ISP) からインターネットアクセスが一時的に提供されていない。
  • 内蔵ハードドライブで SMART エラーが報告され、不具合が発生していることを AirMac Time Capsule が検出している。


Wi-Fi base station:点滅するオレンジ色のステータスランプの意味を理解し、問題を解決する

以上、同じような状況になった方のため&自分用のメモとしてまとめておきます。


こちらもあわせてどうぞ。
10年前のルーターをAirMac Extremeに買い替えたら自宅の環境が大幅改善【設定と結果】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。