iPhone 5sのバーストモードで撮った写真をiPhotoで表示させたらスゴイことになってた

  • 更新:
  • 公開:2013.10. 8
  • by
  • カテゴリ:iPhone

iPhone 5s バーストモード

昨日書いた「iPhone 5 → iPhone 5s に機種変更して予想外によかった5つのこと」でも紹介したカメラの新機能「バーストモード」。

何枚まで連続撮影できるのかと思って試してみたら999枚も撮れちゃったわけですが、iPhone 5sをMacにつなげてiPhotoを起動してみたら...。

スポンサーリンク

iPhotoの画面が上記画像のように、連続写真で埋め尽くされてしまってました。iPhone上で見たら1枚の写真のように見えますが、実際はこのように連続写真で構成されてます。

これ見てまず思ったのが、HDDの容量の心配。

そのまま全部、Macに取り込んだら1TB程の容量でもすぐになくなっちゃいそうです。


まぁ、バーストモードの本来の使い方としては、1秒間に10枚の写真を連続で撮影し、その中から最適なベストショットを選べるっていうことなので、これだ!と思った写真は「よく使う項目を選択...」で選べばいいわけです。

選んだあとは大元のバースト写真はゴミ箱へポイ。


というわけで、今回のベストショットはこれ。

うちの2歳の息子の雄叫びをどうぞ。

バーストモードでよく使う項目を選択

バーストモードで撮影してたら、あの連続シャッター音に反応してiPhoneを欲しがる欲しがる...の写真です。

バーストモード、面白い♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。