革好きにはたまらない♪iPhone 5s Case アップル純正ケースレビュー【写真多数】

iPhone 5s Case 箱

iPhone 5s用のアップル純正ケース「iPhone 5s Case」を購入しました。

iPhone 5の時はずーっと裸で使い続けて見るも無惨な傷だらけの状態になってしまったので、今回はキズ防止はもちろん、今後買い替えして売るときのことも考慮してケースを付けることにしました。

スポンサーリンク

まずは、このiPhone 5s Caseの説明から。

iPhone 5s Caseってどんなケース?

アップルのサイトにはこう表現されてます。

→アップル - iPhone 5s - デザイン(追記:リンク切れ)

ケースは上質な手触りの、厳選されたプレミアムレザーでできています。レザーは、音量調節ボタン、電源オン/オフスイッチ、面取りされたエッジを、ほかのどのiPhone用ケースにもない緻密さで覆っています。

おぉ、厳選されたプレミアムレザー!いい響きです。

一枚革は、熟練した職人の手作業と精密な機械加工を組み合わせたプロセスで、頑丈なフレームを包み込みます。それによって生まれたのが、細部まで考え抜かれた、まったく継ぎ目のないデザインです。

一枚革・熟練した職人・手作業・精密な機械加工。

革製品大好きの僕は、一つ一つ選ばれたこの言葉たちにいちいちグッときてしまいました。


今回選んだ色はブラック。ブラウンと最後まで迷いましたが、購入して手元に届いて現物を見てからは、ブラウンでもよかったかなぁとちょっとだけ後ろ髪を引かれてます。

というのも革の質感が想像以上によかったから。しかもこれ、イタリア製のナチュラルレザーを使用しているので、ブラウンだと使っていくうちにいい味が出て来るんじゃないかなぁと。

写真で見るiPhone 5s Case ブラック

外箱の裏側 イタリア製ナチュラルレザー

外箱の裏には「イタリア製ナチュラルレザー」の表記が。しかも、「使用するにつれ風合いが変わります。」なんて言葉まで書かれてます。

しばらく使ってみてよさそうならブラウンも買ってみようかな。


ケース内側

ケースの内側は柔らかなマイクロファイバー製の裏地になっています。

これだとiPhoneとケースが接する部分も傷が付かなくてすみそうです。


ケース内側にiPhoneの刻印

ケース内側にはiPhoneの刻印が型取ってあります。これ、内側じゃなくて表面に欲しかったな。


ケース下部

ケース下部。きれいに作り込まれてます。


音量調節ボタン周り

音量調節ボタン周りもいい仕上がり。実際に音量調節ボタンを押すときはちょっとだけ力を入れる必要がありますが、ほとんど問題ありませんでした。


背面のアップルロゴ刻印とレンズ周り

背面にはカメラ用の穴と、アップルのロゴが刻印されてます。

ロゴについてはもうちょっとしっかり刻印されている方が個人的には好みです。


iPhone 5s + ケース

実際にiPhone 5sにケースを付けてみました。

本体はスペースグレイ、壁紙も真っ黒にしているのでiPhone 5sのエッジ部分のグレイ以外、全部真っ黒になりました♪


イヤホンの穴が小さい

ご覧の通り、イヤホンの穴は結構シビアに作られています。

iPhoneに付属している純正のイヤホンと同じくらいの細さでないと差し込めないでょう。普段使っているSHURE SE215のプラグは挿せませんでした...。


2013.10.3追記
挿せないと思っていたSHUREのイヤホンプラグですが、無事に使えてます。詳しくはこちら。

iPhone caseにshureのヘッドホン

iPhone 5s アップル純正のレザーケースでもSHUREのイヤホンプラグは挿せる!使える!


カメラ周り

こうしてみると厚みが結構ありそうなので、フラッシュとの干渉が気になったんですが、そこはさすがにアップル純正ケース。全く問題なしでした。


手に持った感じのフィット感はすごくいいですね。またプラスチックのケースのようにつるつる滑ることもないので、手から落下・置いてる場所から落下する確率はグッと減るでしょう。

革の質感としては手触りを重視しているようで牛革のツルツルが好きな方はご注意を。

あと、革ならではのほのかな香りもグーですよ!(時間の経過とともになくなっていくと思いますが。)

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。