MacBook Air Mid.2013 開封レポ。僕が11インチモデルを買った理由。

MacBook Air 11インチ 写真

買いました!バッテリー駆動時間が劇的に増えたMacBook Air Mid.2013モデルです♪

買ったのは11インチの一番安いやつ。

スポンサーリンク

メモリ4GB、SSD128GBのいわゆる吊るしモデルと呼ばれる、カスタムを一切しない、家電量販店などの店頭で買えるものですね。

8月3日に購入して、無事にデータの移行も終わり、新しいAirでこの記事を書いています。

僕がMacBook Air 11インチを買った理由

僕がMacBook Airを使う目的としては、

  • メインマシンはiMacがあるのであくまでサブマシンとして。
  • ずーっと同じ場所でブログ書いてたら息が詰まるので、家の中のリビングやソファ、たまには外で仕事をする時の気分転換として。

という感じですかね。


次はスペックに関して。

買う時迷ったのが11インチにするか13インチにするか、メモリは8GBがいいんじゃないか、ストレージも256GBかそれ以上がいいんじゃないの?など。MacBook Airを買う時に誰でも悩むことですね。

  • 使うアプリはWebブラウザやMarsEdit、Skitchなどの画像ソフト、あとは文書作成ぐらいなので、メモリは4GBで充分。
  • ストレージはAirの前に使っていたMacBook Pro 13インチの空き容量を考えたら128GBでも充分余裕があった。
  • モニタのサイズに関しては、今まで11インチを使ったことがなかったので、個人的に一度使ってみたかった&持ち運びを考えると一番軽いモデルが良かった。

というわけで、11インチの最下位モデルに決定!ということになりました。

ついでのカスタマイズはやめといた

MacBook Airを買うときについつい、あれもこれもやりたいと考え出すと、メモリを8GBにしたりストレージを増やしたがるもの。

とにかく何に使うか分からないけど、資金に余裕があるって人ならフルスペックモデルを選んでおけば間違いないけど、実際使ってみると、案外こんな高スペックいらなかったってことがよくあります。

なので、上記で述べたように、自分が「何の目的で」「何のアプリを使うのか」をハッキリさせておけば、ある程度は絞り込むことができます。

新モデルの価格設定が絶妙なバランスになっているだけに、かなり悩むことが多かったんですが、僕の場合は、あくまで「サブマシン」という使い方がハッキリしていたので、最小最安モデルを選ぶことができました。

11インチモデル開封写真

それでは開封時の写真をいくつかご紹介。


MacBook Air 11インチ 開封写真 外箱オープン

▲買ってきた段ボールの箱を開けると、MacBook Airのロゴが見えます。

ここまで計算してデザインしてるんだろうなぁ。


MacBook Air 11インチ 開封写真 外箱

▲外箱とダンボールに入っていたクッション剤(娘の仕業)。

リビングで写真を撮ってたら、夏休み中の7歳の娘が乱入ww


MacBook Air 11インチ 開封写真 箱オープン

▲外箱オープン!でも...娘乱入で普通の写真はもう撮れないと判断。

せっかくなので、娘も一緒に写真を撮りました。

アップルのロゴマークの上で「ハートマーク」ですって♪娘の手の大きさと比べてみても小さいですね。


MacBook Air 11インチ 開封写真 娘もビックリ!

▲はじめてMacBook Air 11インチを持ってみた娘。

持った途端、「軽っ!!なにこれ!!!」だってw。娘も驚くその軽さ。


MacBook Air 11インチ 開封写真 内包物

▲内包物。バッテリーとケーブルと冊子関連。すごくシンプル。

ここらあたりから娘の興味はお菓子へ...。


MacBook Air 11インチ 開封写真 冊子一覧

▲冊子一覧。左から「クイックスタートガイド」「MacBook Air この製品についての重要なお知らせ」「アップルのシール」「PCリサイクルについて」。


MacBook Air 11インチ 開封写真 MBP13インチと比較

▲MacBook Pro 13インチと比較。下がMBP 13インチ、上がAir11インチです。

いやぁ、ちっちゃい。


MacBook Air 11インチ 開封写真 MBP13インチと一緒に

▲ディスプレイを開いて並べてみました。

ディスプレイのエッジ部分は、個人的には黒がかっこよかったなぁ。

11インチを1日使った感想

まだ1日ですが、11インチを使ってみたのでファーストインプレッションを。

  • 起動がものすごく速い。15秒もかからないほどの速さ。スリープからの復帰も一瞬なので、これまでMacBook Proに感じていたちょっとした億劫な感じがなくなった。iPadを使うような手軽な感覚で、すぐ使えるマシンがそこにあるという安心感は大きい。
  • なんといっても軽い。これならどこでも持ち運びができる。
  • バッテリーもかなり持ちます。4時間ほど使ってみましたが、まだバッテリーが55%程残っていました。
  • キーボードは相変わらず打ちやすい。iMac付属のキーボードがちょっと柔らかい感じなので、堅めが好きな僕には文句ないキータッチ。
  • 13インチのMacBook Pro(解像度 1,280 × 800)を使っていたので、1,366 × 768ピクセルでも表示領域の小ささは感じない。
  • ただ、画面上の文字が結構小さい。目には確実に悪いでしょう。40歳代になって老眼が出始めたら絶対に文字は見えないと思う。

目が悪い人&老眼の人には13インチをおすすめします。

あと、メインマシンとしてガンガン使いたい方は13インチの上位モデルがいいでしょうね。

いろいろと書きましたが、どのモデルを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。


僕は近所の家電量販店で買いました。ポイントを入れたら価格.comの最安値と変わらないくらいでした。最安モデル、安いです。

アマゾンも結構安いですね。

これぐらい安いなら1年ごとに買い替えてもいいなと思いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。