思い出 1,000枚 大量に現像する際の注意点など

思い出 1,000枚

約3年間ほど、とりまくってた写真をようやく現像に出しました。

その数、約1,000枚!

撮影していたのが約2,500枚ほどありまして、そのなかから厳選した約1,000枚を現像しました。

スポンサーリンク

今回、初めて大量現像を出した際に気付いた注意点などを備忘録としてまとめておきます。

ポイント1.できるだけ安く現像する

現像する写真数が多くなるほど現像代がかかります。

通常Lサイズ1枚で12円ぐらいが標準的な価格ですが、1,000枚という数になってくると1枚12円の場合、12,000円もかかってしまいます。

以前、オンラインラボで1枚6円で印刷したこともありましたが、現在だと約10円ほど。

オンラインラボが激安すぎる!Lサイズ1枚6円のデジカメプリント|SKEG*log


今回はいろいろとタイミングを見計らって楽天写真館の「1週間限定!大特価セール」を使って現像しました。

これだと、通常Lサイズ1枚12円が期間限定で半額の6円になります。(今回は2013年4月11日 AM9:59まで)

※これ以外にも楽天写真館では、定期的にLサイズが1枚9円とか8円とかになる「今週のクーポン」をメルマガで告知してくれますので、登録しておくと何かと便利です。

1枚6円×1,000枚で、合計6,000円で現像完了。

宅急便の場合、6,000円以上の注文で送料が無料になります。(6,000円未満の場合は600円)

ポイント2.日付プリントは必ず入れる

今回はなにも気にせずに「日付プリント」を「無し」で注文してしまいました。

届いた写真を見ていくつか写真を見たあとに気付いたのが、

「あら?撮影した順番が分からんぞ!」

ということ。


送られてきた写真は、注文した順番で届きましたが、写真を見ているうちにバラバラになっていつの写真かが分からなくなり、奥さんが一生懸命整理してました。

「も〜っ!なんで日付を入れなかったのよっ!」

と、ため息混じりにツッコミ入れられました...。

ポイント3.フォトホルダーもちゃんと準備しておく

1,000枚もの大量現像をしたときには、キチンと現像後のことも考えておきましょう。

なにも準備していなかったので、数日1,000枚の写真がずーっとダイニングテーブルの上に置いてありました...。

フォトフォルダーを買っておくのをお忘れ無く。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。