世界で1億3,000万回ダウンロードされたiBooks。日本版iBookstoreがようやく公開〜

  • 更新:
  • 公開:2013.3. 7
  • by
  • カテゴリ:Apple , iPod & iTunes

iBookstoreは初めてですか?

長〜いこと英語版の本しかなかったiBooksに、ようやく日本語の本が登場しました。


iBooks Storeじゃないよ。iBookstoreです。

これってなんか変じゃない?iTunesはiTunes Storeなのに、iBooksはiBookstore...。

まぁ、それはいいとして「ん〜、正直遅すぎだよなぁ」というのが最初の印象でした。

スポンサーリンク

もうすでにKindle Paperwhiteで電子書籍を読んでる身としては、全然新鮮味がありません。

Kindle Paperwhite 開封の儀♪|SKEG*log

これがKindle Paperwhite レザーカバーだぁ|SKEG*log


アップルからの公式発表はこれ。

Apple (日本) - Apple Press Info - Apple、iBookstoreを日本で提供開始

2013年3月6日、Appleは本日、iBookstoreを日本でオープンすることを発表し、講談社、角川書店、文藝春秋、学研、幻冬舎を含む、大手および独立系出版社の素晴らしい作品の数々を配信開始しました。iBookstoreでは、池波正太郎、赤川次郎、あさのあつこ、村上龍を始め、数多くの著名作家や新進気鋭の作家による幅広いセレクションの作品を揃えています。

新鮮味はなかったものの、iTunes Storeのブックを一通り見た限りでは、なかなかいい作品が揃っているんじゃないかと思います。ページも見やすくてなかなかいい感じ。

Kindleで読むようになった池波正太郎さんの作品も多数ラインナップされてました。

大好きになった「鬼平犯科帳」ももちろんありまして、価格はKindle版より2円高いだけ。


iBookstoreに対しては、正直、そんなに期待はしていませんでしたが、ストアの中身を見ていくと、なかなかいいんじゃないかなと思うようになりました。(何度もついポチッとしそうになった。)

電子書籍ユーザーとしては選択肢が増えるのは喜ばしいことですしね。


ただ、Kindle本はiPhoneやiPadのKindleアプリで読めますが、iBookstoreの本はKindleでは読めない...。

ここがちょっと悩ましいところ。

ベースはアマゾン、サブとしてのiBookstoreという使い方が定着しそうな予感。


あと、いろいろレビュー見てたら「5ページしか見られない」とか、「買ったのにサンプル版だった」なんてのがありましたので、購入はもうしばらく待ってからの方が良さそうです。まだバグが多そうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。

おすすめ関連記事

  1. 新型iBook G4発表で思うこと