MT4.27から5.13にアップデートまとめ

MovableType5.13へアップデート

必ず結果が出るブログ運営テクニック100』を読んだのをきっかけに、毎日ブログを更新するだけじゃなくて、もっと効率よく運営・管理しないといけないなぁということを実感させられまして、ブログをアップデートすることにしました。

スポンサーリンク

その時にやったことを備忘録としてまとめておきます。

環境

サーバ:さくらのレンタルサーバ プレミアム
MTバージョン:4.27から5.13へのアップデート

全体の流れ

  1. リモートサーバのmtフォルダと、mtで書き出したHTMLや画像ファイルをすべてローカルにダウンロードしてバックアップをとっておきます。
  2. 4.27の時はデータベースをSQLiteで運営していましたが、MT5.13ではMySQLしかサポートされないようなので、データベースをMySQLへ移行。
  3. 【データベース移行】レンタルサーバ(私の場合はさくらインターネット)に新しいMySQLのデータベースを予め作成しておく。4.27の管理画面でブログのバックアップを作成し、mt-config.cgiの内容をMySQLの内容に変更。mt.cgiにアクセスしてアカウント作成など画面の指示に従って進み、管理画面でブログを復元する。
  4. MT5.13関連ファイルを丸ごとアップロード(mt-config.cgi以外)。cgi関連のパーミッションを755に変更。プラグインとか独自に追加しているものもまとめてアップ。
  5. mt.cgiにアクセスして、アップデート開始。無事に終わったので、ブログを再構築して動作を確認。

ざっくりとですが、大きな流れはこんな感じで進めました。

参考にしたサイトは以下。

MTOS 5.0 アップグレード手順 SQLite | ホームページ作成SEOマニアックス

Movable Type 5.x の変更点、注意事項、および既知の問題 : Movable Type 5 ドキュメント

スマートフォンオプションとは : Movable Type 5 ドキュメント

最終完了までに起きたトラブル

再構築時にエラー

アップデート後、はじめて再構築した際にエラーが出ました。
エラーの内容を調べてみると、どうやらプラグインのバージョンが古いことが原因で、paged archives プラグインをMT5対応のものに差し替えたらうまく再構築が完了しました。

デザインが崩れる

再構築後、全ページをざっと見てみるとページのデザインがいろいろとおかしなことになってました。
CSSを見直してみると、読み込んでいるCSSファイルがアップされていないことが原因でした。該当ファイルをアップして解決。

日時指定がうまく動かない

ブログを投稿する時によく使う日時指定。

サーバのCRON設定は変えてないので、うまく動くと思ってたら更新できてなかったので調べてみると、「run-periodic-tasks」のパーミッションが原因でした。/mt/tools/run-periodic-tasks のパーミッションを755に変えて完了。

ちなみに、CRONなどの設定がうまくいっていない場合は、サーバからメッセージが届きます。(さくらインターネットの場合)サーバコントロールパネルで、メールアドレス「postmaster」の「ウェブメール」を確認。今回は「./tools/run-periodic-tasks: Permission denied」というメッセージが、MT5.13にアップデートしてから1時間毎に届いていました(CRONの設定を1時間毎に設定しているため)。


今のところトラブルはこれだけです。また何かあれば追記していきます。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。