Windowsのかな英数入力切替えをMacと同じようにする方法

  • 公開:
  • 更新:
  • by
  • カテゴリ:Windows
Windowsキーボードの変換・無変換キーの正しい使い方。Macと同じように変えてもっと直感的に!

Windowsのかな英数入力切替えをMacと同じようにする方法

自宅ではMac、会社ではWindowsって方はどれぐらいいるんでしょう?

私はMacとWinを両方使っているんですが、会社で使っているWindowsのIME日本語入力がどうも調子が悪い。変換候補をなかなか覚えてくれないし、日本語入力したと思ったら何も書かれておらず、enterキーを押したら出てくるとか、訳の分からない症状がよく起きるようになっていました。

メールを急いで出さないといけないときに限って、症状が頻発したりとか、もうイライラの限界に達しましたので、Google日本語入力に切り替えてみました。

会社のWindowsにGoogle日本語入力をインストールした後、ふと思い出したのが過去に書いた以下の記事。

スポンサーリンク

アップルキーボードをBoot Camp & Windowsで快適に使うためにやったことまとめ|SKEG*log はてなブックマーク - アップルキーボードをBoot Camp & Windowsで快適に使うためにやったことまとめ|SKEG*log

結構面倒そうですが、5分もあれば終わります。これで「かな」キーと「英数」キーで、Macと同じように変換の切替ができるようになります。ん~快適♪

せっかくGoogle日本語入力をインストールしたので、いっそのことWindowsのかな英数切替えをMacと同じようにしてしまおうと思ったので、そのやり方を備忘録としてまとめておきます。

今回のゴール

Windowsキーボードの

スペースバーの右「変換」キーを「かな」キー

スペースバーの左「無変換」キーを「英数」キー

に変えます。Macと同じように。

まずはGoogle日本語入力のインストール

Google日本語入力をダウンロードしてインストール。

インストール後は再起動は要りません。簡単。

ここまで約3分程。

Google日本語入力のプロパティをいじる

Google日本語入力 プロパティ

Google日本語入力の「プロパティ」をクリックすると上記画面が出てきます。

深いことは考えずに、キー設定の選択を「カスタム」にして、編集をクリック。


キー設定の画面が出てきますが、最初はここはまっさら。

キー設定のリストの左下にある「編集」をクリックして「定義済みのキーマップからインポート」→「ことえり」を選択し、OKをクリック。

※ATOKが好きなひとはATOKを選択してください。

ここまでトータルで約4分。


Google日本語入力 編集

▲ことえりを読み込み後のキー設定画面


ことえりが読み込まれた状態になったら、

「直接入力」

「入力文字なし」

「変換前入力中」

「変換中」

この4つのキーの割り当てをカスタマイズします。


上記4つのモードの中に「入力キー」欄が「Hankaku/Zenkaku」となっている項目があるので、その部分をダブルクリックしてキーバインディング設定を開き、割り当てたいキーを押します。

今回は、「直接入力」のキーバインディング設定では「変換」キーを押してOKをクリック。

「入力文字なし」「変換前入力中」「変換中」の3項目のキーバインディング設定では、「無変換」キーを押します。

※キーバインディング設定後は必ずマウスポインタでOKをクリックしてください。「return」キーを押すと、そのキーが割りあてられますのでご注意を。

以上で設定は完了。

トータルで約6分もあれば終了します。

ゴール後の感想

これでようやくWindowsキーボード左上の「半角/全角」キーを押さなくてもよくなりました日本語を入力するときは「変換」キー、半角英数字を入力するときは「無変換」キーを押すだけなので、より直感的に文字が入力できるようになりました。

わざわざ画面右下の「A」「あ」をみて「半角/全角」キーを押す手間が省けます。

Google日本語入力もすこぶる快調。もう少し覚えさせる必要がありますが、しばらくはこの環境でやってみます。

こんなに簡単にできるなら、もっと早くやっておけばよかったな。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。