MacBook Win仮想化 - やっぱBoot Campは安定感抜群

Macbook Pro 13インチでParallelsを使ったWindowsの仮想化を試していました(→ MacBook Win仮想化 - ParallelsにWindows7をインストール)が、どうも動きがびみょ〜に不安定なんですよね。

インストールした直後は起動に1分もかからないし、IE9も普通に動いてくれたので問題なかったんですが、色々とアプリをインストールしてみるとな~んか動きが怪しい。

どう怪しいかというと...。

スポンサーリンク
  • アプリを立ち上げたりCPUに負荷がかかるときに、マウスポインターがチカチカ点滅する。
  • アプリをいくつかインストールして再起動すると、前回正常に終了できなかった旨の画面が出てくる。
  • 起動時の画面がVistaっぽい。

試用版で使っていたために起こることなのか、正規版でも同じようなことが起こるのか、まぁ、どっちにしてもあまり使ってて気持ちが良くなかったので、Boot Campを試してみました。


Boot Camp インストールで参考にしたサイト

▼アップルのサイトにある「Boot Camp - インストールと 設定ガイト」
http://manuals.info.apple.com/ja_JP/Boot_Camp_Install-Setup_10.6_J.pdf

▼アップル - サポート Boot Camp
http://www.apple.com/jp/support/bootcamp/


インストールもなんのトラブルもなく終了。

早速、Windowsエクスペリエンスインデックスのスコアを測定してみると。

Windowsエクスペリエンスインデックス BootCamp

見てくださいこのスコア!

Parallelsのスコアを軽~くオーバーしてます。


Adobe系のソフトやOfficeをインストールしても、動作はすこぶる快調。キーボードもいろいろ試してMacを使うときと同じような環境にできました。

▼キーボードをMacと同じような環境に
アップルキーボードをBoot Camp & Windowsで快適に使う方法

会社の環境がWindowsなので、わざわざParallelsなどで仮想化にしなくてもMacとのファイルのやりとりはほとんどしないので、Boot Campで仕事、Macでプライベートとメリハリがついて良いかも。

何気なくやってみたBoot Camp が思いがけず非常~に快適というお話でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。